内田真礼と雨宮天がコラボ 「青ブタ」OP『君のせい』カバー、“かわいい”曲振り

アニメ・声優 公開日:2021/08/30 7
この記事を
クリップ

声優の内田真礼と雨宮天が29日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』に出演。コラボステージを展開した。



2人は3人組バンド・the peggies(ザ・ペギーズ)が歌う、アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』のオープニング曲『君のせい』をカバー。内田は豊浜のどか役、雨宮は広川卯月役で同アニメに出演していた。


歌唱前、2人は「真礼さんがかわいすぎるから~」「天ちゃんがかわいいからじゃないの?」「真礼さんのせい」「天ちゃんせい」…「いやいや“君のせい”だ~!」と曲振り。それぞれトロッコに乗り込み、サビで客席を指差ししながら別ステージへ移動。最後はキュートなポーズで締めくくった。


内田のアニサマ出演はソロとして6回連続。この日はコラボのほか、アニメ『SSSS.GRIDMAN』のエンディング曲『youthful beautiful』と、アニメ『SSSS.DYNAZENON』のエンディング曲『ストロボメモリー』も歌唱。


一方、雨宮はソロとして2回目登場で、アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2クールのオープニング曲『永遠のAria』とアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』のオープニング曲『PARADOX』を披露した。


今年で16回目となる『Animelo Summer Live』は、アニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったため、2年越しの実施となった。毎年1日2万7000人、3日間で8万超人を動員しているが、行政・会場からのイベント入場制限に従い、今年の観客数は各日5000人。ライブ中の声出しなどは禁止で、ソーシャルディスタンスの徹底、入退場を時間差にするなど感染対策を徹底した上で行う。


©Animelo Summer Live 2021



▼animelo mixで3日間のセットリスト掲載中!

https://r.animelo.jp/?id=QNFNcrv0


【アニサマ2021】速報レポート記事

3日目

2日目

1日目

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)