鬼頭明里、ソロで初めてアニサマ登場「一人だとめちゃくちゃ広い」

アニメ・声優 公開日:2021/08/28 7
この記事を
クリップ

声優の鬼頭明里が28日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』に出演した。



2018年のアニサマには『ウマ娘プロジェクト』(セイウンスカイ役)の一員として出演した鬼頭。

【2018年の詳細レポ】ウマ娘、初の“アニサマダービー”全力疾走!会場が芝コースと化す


2019年10月に1stシングル『Swinging Heart』でアーティストデビューを果たし、今回ソロとして初めてアニサマに参加した。鬼頭は「ソロでは初めてなのですごく緊張。一人だとめちゃくちゃ(ステージが)広いですね」とドキドキだった。


黒色のドレス姿の大人っぽいスタイルで登場した鬼頭は、まず自身も出演したアニメ『出会って5秒でバトル』のオープニング曲『No Continue』を歌唱し、「めちゃめちゃかっこいい曲。盛り上がってくれてありがとうございました」とにっこり。2曲目は「ずっとずっと披露したかった曲。大好きと言ってくれる方が多い曲」と紹介した、『Tiny Light』。アニメ『地縛少年花子くん』のエンディング曲で、鬼頭はヒロインの八尋寧々役で出演していた。歌唱後は「ありがとうございました!」とあいさつし、緊張のソロ初アニサマを終えた。


今年で16回目となる『Animelo Summer Live』は、アニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったため、2年越しの実施となった。毎年1日2万7000人、3日間で8万超人を動員しているが、行政・会場からのイベント入場制限に従い、今年の観客数は各日5000人。ライブ中の声出しなどは禁止で、ソーシャルディスタンスの徹底、入退場を時間差にするなど感染対策を徹底した上で行う。


©Animelo Summer Live 2021


▼前回出演時のレポート!(ライブ写真3枚)


▼animelo mixで1日目セットリスト掲載中!

https://r.animelo.jp/?id=QNFNcrv0


【アニサマ2021】速報レポート記事

※本記事は掲載時点の情報です。