西川貴教 バキバキの上半身披露、本名名義で初のアニサマ圧巻のステージ

アニメ・声優 公開日:2021/08/27 6
この記事を
クリップ

歌手の西川貴教が27日、さいたまスーパーアリーナで開幕したアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』に登場。T.M.Revolutionとして2011、2014年に出演して以来7年ぶり3回目、本名名義では初めての出演となった。



鍛え抜かれた自慢の上半身が映える衣装で登場した西川。アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』のオープニング曲『Bright Burning Shout』を、演出の炎とともに大熱唱。スクリーンにはアニメに登場する“赤セイバー”のネロ・クラウディウスが映し出され、会場のファンもペンライトを赤に合わせる。続いて間髪入れずに歌い上げたのはアニメ『EDENS ZERO』オープニング曲『Eden through the rough』。力強くかつ伸びやかな歌声で会場を酔わせた。


西川は「2020年、そして2021年、我々はあまりにも多くのものを失った。自らの無力さに打ちひしがれた。でも我々は立ち上がることを選んだ。何が正しいか、何が間違っているかじゃない。信じるものをこの手に取り戻すために」とメッセージ。そして、歌手のASCAを“召喚”し、アニメ『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』のオープニング曲『天秤-Libra-』を披露。そのまま圧巻のステージを終えた。


今年で16回目となる『Animelo Summer Live』は、アニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったため、2年越しの実施となった。毎年1日2万7000人、3日間で8万超人を動員しているが、行政・会場からのイベント入場制限に従い、今年の観客数は各日5000人。ライブ中の声出しなどは禁止で、ソーシャルディスタンスの徹底、入退場を時間差にするなど感染対策を徹底した上で行う。


▼animelo mixでセットリスト掲載中!

https://r.animelo.jp/?id=QNFNcrv0


©Animelo Summer Live 2021


【アニサマ2021】速報レポート記事


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)