『Disney 声の王子様』初のアリーナツアー大盛況で幕「素晴らしい景色をありがとう!」

アニメ・声優 公開日:2021/06/13 6
この記事を
クリップ

6月13日(日)にぴあアリーナMMにて千秋楽を迎えた「Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2021」。万全の感染対策を講じて開催された本公演には、伊東健人、浦田わたる、太田基裕、岡宮来夢、木村良平、島﨑信長、仲田博喜、仲村宗悟、三浦宏規、森久保祥太郎の豪華10名のボイスキャスト陣が出演し、スペシャルな夢のライブステージを届けた。



【画像】ライブ写真を見る(全16枚)


ペンライトを握りしめ開演をじっと待つ会場とは対象的に、配信を見る視聴者からは待ちわびるコメントで溢れる中、ディズニーアニメーションの名シーンの数々と参加ボイスキャストのラインナップが映し出されステージは幕を開けた。


まず、煌めく荘厳なお城のステージセットに登場したのは、ブルーグレーを基調とした王子様の衣装に袖を通した太田基裕、仲村宗悟、森久保祥太郎。優しいメロディの「いつか夢で」(『眠れる森の美女』より)を披露し、オーロラ姫とフィリップ王子が出会う運命的なシーンとともに観客を夢の世界へと引き込む。そして東京公演が初登場となる伊東健人が登場し「僕の願い」(『ノートルダムの鐘』より)を壮大に歌い上げ、続く岡宮来夢は「愛を感じて」(『ライオン・キング』より)を披露し、優しい歌声で会場を包み込む。



続いて登場した木村良平は、「アラビアン・ナイト」(『アラジン』より)の歌唱と朗読で織り成す幻想的なステージを繰り広げ、それに続く浦田わたるは、「ひと足お先に」 (『アラジン』より)を披露。変幻自在な声色と軽快なリズムで、会場を盛り上げる。さらに『アラジン』の世界は続き、仲田博喜が「ホール・ニュー・ワールド」(『アラジン』より)へ。まるで魔法の絨毯に乗って未知の旅へ連れ出してくれるような、きらめきに溢れた世界に会場は魅了され、続く三浦宏規は、男性での歌唱が初となる「スピーチレス~心の声」(『アラジン(実写版)』より)を圧巻の歌唱力で力強く歌い上げた。


そして「…心のコンパスを信じて!」と、聞き馴染みのあるプロローグが会場に響くと世界は一変、島﨑信長による「コンパス・オブ・ユア・ハート」(シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 東京ディズニーシー🄬)を披露。島﨑はまるで大海原の航海に期待を膨らましているように、キラキラした笑顔を見せ壮大に歌い上げた。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)