『名探偵コナン』GWのdTV視聴ランキングで堂々1位の理由は?『呪術廻戦』の2倍の視聴数

アニメ・声優 公開日:2021/05/14 6
この記事を
クリップ

映像配信サービス「dTV」で配信中のテレビアニメ『名探偵コナン』が、GWの期間中(※2021年4月29日~5月5日)に最も観られた作品としてGW視聴ランキングの1位に輝いた。



その視聴数は、2位にランクインしたテレビアニメ『呪術廻戦』の約2倍という結果となり、また、例年年末年始に『名探偵コナン』の視聴が伸びる傾向にあるが、今年のお正月休み(※2020年12月30日~2021年1月5日)と比較しても視聴数が約2倍増加している。


今回、視聴数が伸びた理由としては、2021年4月16日から公開された劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』が注目されたほか、4月に劇場版名探偵コナン『異次元の狙撃手』と『天国へのカウントダウン』が2週連続で金曜ロードショー(日本テレビ系列)に登場したり、2021年5月4日に放送された『林修の今でしょ!講座 特別編 東大生ランキング』(テレビ朝日系列)で東大生が選ぶ勉強になるアニメランキングにも選ばれるなど、テレビで連日紹介される機会が増えたことが1つ。さらに、4月28日にdTV公式TwitterでGW中に名探偵コナンを楽しむタイムテーブルを投稿したところ、約6000いいね!と3500件を超えるリツイートがあり、SNS上で非常に話題となったのも視聴数が伸びた要因の1つとして考えられる。


これまでもテレビアニメ『名探偵コナン』は非常に人気で年間視聴ランキングの上位にランクインする作品だが、短期間で視聴数が急激に上がったのは今回が初めてとなる。また、dTVでは今年4月から過去の劇場版『名探偵コナン』シリーズ全23作品も配信中だ。




■『名探偵コナン 緋色の弾丸(ひいろのだんがん)』
公開時期:2021年4月16日(金) ※公開中
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝

(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)