人気声優・福山潤 とんでもない内容のアニメキャラにされてしまう『耐え子の日常』

アニメ・声優 公開日:2021/04/16 12
この記事を
クリップ

若い女性を中心に人気の『耐え子の日常』のYouTubeアニメシリーズに、人気声優・福山潤を迎えたスペシャル企画動画が公開された。



耐えて耐えて耐えまくるOL・耐え子が主人公の『耐え子の日常』は、SNS漫画として始まり、現在ではInstagramとTwitter合わせて60.8万フォロワーを誇り、2019年10月からテレビアニメ1stシーズン、2020年7月から2ndシーズンを放映、現在はYouTueで新作アニメを配信している作品だ。

その『耐え子の日常』YouTubeアニメシリーズのゲスト声優として、『Vivy -Fluorite Eye's Song-』のマツモト役や『コードギアス 反逆のルルーシュ」のルルーシュ役などで活躍する、人気声優の福山潤が登場。『耐え子の日常』のアニメシリーズは、時に数秒、時に数分のショートなネタで様々なことに耐える、耐え子の様子を、独特な歌「♪WOWWOWOW~ こんな◯◯に耐える~」のフレーズにのせ、展開するその斬新な構成で話題のアニメ。


そんな本作に、今回ゲスト声優として参加した福山潤。「こんなアニメに耐える」では、なんでも耐えてきた耐え子に「くそつまんね~ぇ」とツッコミされてしまう、とんでもない内容のアニメキャラにされてしまう展開も…。さらに「全てのキャラ」をひとりで演じるコーナーでは、福山が主人公の耐え子はもとより、赤ちゃん、小学生、お母さん、お婆さん――0歳児から老人まで全キャラをこなし、ネタごとに入る独特な「♪WOWWOWOW~ こんな◯◯に耐える~」も大熱唱。福山の様々な演じ分けをみることができてしまう?!……かもしれない、ファン必見のスペシャル企画動画となっている。

【関連】関智一、マンガ1話分を全部1人で演じる動画公開 ヒロインや効果音まで

【関連】榎木淳弥「普段やってない演じ方で」健気なヒロインまで…マンガ1話分を全部演じる



さらに、DLEが地元島根県のテレビ局、山陰中央テレビジョン放送株式会社とタッグを組み、2019年11月より運営しているYouTubeチャンネル「TSK YouTube課」でも、スピンオフシリーズに福山がゲスト出演しており、こちらも『耐え子の日常』のYouTubeアニメシリーズに負けない、とんでもない設定になっている。

収録を終えた福山は「『耐え子の日常』を拝見したときに感じたことが、力まない脱力感による面白さが魅力だと思ったのですが、僕はどちらかというと装飾したキャラクターを演じる事が多い分、脱力出来るのか、というところが自分の懸念材料でしたが監督の雰囲気づくりに助けられながら面白いモノになったのではないかと感じています。「六つ子」に関しては、僕も偶然六つ子が主人公のアニメ作品に出演しているのですが、その作品が他の作品をよくパロるので、自分たちがパロられる側にまわった時の感想も同時に味わう事が出来ました(笑)パロディをされるという事は認められたという事ですしね!」とコメント。

福山潤を迎えた『耐え子の日常』のYouTubeアニメシリーズに注目だ。


▼福山潤が六つ子のおっさんを演じてみた【耐え子】


【関連記事】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)