fripSide 聖地・横浜アリーナに凱旋、熱量あふれるパフォーマンスで栄光の10年を行き来

アニメ・声優 公開日:2021/02/12 22
この記事を
クリップ

さまざまな制限のなかで行われたこの日の横浜アリーナ公演。しかしおよそ10ヵ月待ち望んでいたファンとステージ上のメンバーたちが生み出す空間は、これまでと遜色のない熱量がたしかにあった。第2期fripSide10周年を祝うこの日を成功させたことは、あらたなステージへと進むfripSideの、そして彼らを応援するファンにとってとても重要な歴史となったに違いない。アンコールで最後に、八木沼が「みなさんに送ります」と告げて歌われた「when chance strikes」に”君と僕が描いている 未来はこの手の中で明日を待つ”というフレーズにあるように、明日からまた生きていく我々にとてつもなく大きな希望と勇気をもたらした一夜となった。


なおこの日の模様は、後日放送の予定があるとのことなので詳細のアナウンスを待ちたい。この感動をもう一度味わえるまたとないチャンスをぜひ見逃さないでほしい。

【画像】ライブ写真はこちらから(全6枚)

【fripSide Phase 2 : 10th Anniversary FINAL in YOKOHAMA ARENA セットリスト】
*2021/2/11(thu)@横浜アリーナ

M01 final phase
M02 LEVEL5 -judgelight-
MC 
M03 sky -crossroads version-
M04 fortissimo-from insanity affection-
MC 
M05 under a starlit sky
M06 last fortune
M07 memory of snow
MC 
M08 legendary future(新曲)
M09 1983-schwarzesmarken-
M10 magicaride
M11 BLACKFOX
休憩 <換気タイム>
M12 dual existence(新曲)
M13 way to answer
MC 
M14 killing bites
M15 Edge of the Universe
MC 
M16 black bullet
M17 Two souls-toward the truth-
M18 fortuna on the Sixteenth night
MC 
M19 sister’s noise
M20 only my railgun
ENCORE 
EN1 Love with You
EN2 We Rise(新曲)
MC 
EN3 when chance strikes

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)