上村祐翔、石川界人、斉藤壮馬、武内駿輔、中島ヨシキ『アオハル』最終巻インタビュー到着

アニメ・声優 公開日:2021/01/26 16
この記事を
クリップ


◆東山絢人役:石川界人


Q1:第4巻をお読みになり、物語について感じたことなどをお聞かせください。
今回は物語の集大成ということで先のことが語られたり、今までの伏線が回収されていて最後にふさわしい物語でした。だからと言って、これで全てが終わりということではなく、未来を感じる物語に なっていてアオハルにぴったりな締めでした。もっともっと彼らを演じていきたいと改めて感じました。

Q2:本日のご収録の感想(ご自身のキャラクターを演じる際に、難しいと感じ た部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。
今回は未来のキャラクターも演じることになったのですが、どの程度大人になっていて、仲間内以外ではどのように振る舞うのかを考えるの が大変であり楽しかったです。絢人の新たな面をスタッフさんに意見をもらいながらともに考えていけたのが本 当に楽しかったです。

Q3:第4巻は「それぞれの未来」というテーマで描かれました。ラストに向けて の展開はいかがでしたか?
今までこの作品の中に、ずっとしこりとして残っていたものについにフォーカス が当たり、その全てをきちんと回収していく様は圧巻でした。また、そこに至る経緯や理由がはっきりと語られていてスッとふに落ちる展開に なっていたのが印象的です。未来に希望があり、今に青春があることを全身で体感できる展開だったと思います。

Q4:第4巻の登場人物の中で最も印象的な人物はだれでしょうか?
杁弥です。今作に関しては杁弥の話と言っても過言ではありません。それは僕が絢人を演じているからというのもあるとは思いますが、彼の抱えてきたものやそれを目の当たりにした時の周りの反応が本当に印象的でした。

Q5:アオハルをお楽しみいただいたお客様にメッセージをお願いいたします。
暗くもあり明るくもあった「アオハル」の節目となるお話になったと思います。様々な思いを抱き、それに向き合う彼ら雄志を見届けていただきたいです。是非よろしくお願い致します。


2/5ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)