「スラムダンク」映画化、“新しいアニメーション映画”を制作中

アニメ・声優 公開日:2021/01/07 5
この記事を
クリップ

『SLAM DUNK』のアニメーション映画化が決定した。


漫画『SLAM DUNK』著者の井上雄彦氏は、自身のツイッター(@inouetake)にメッセージを投稿し、SLAM DUNKの映画化が決定した事を伝えた。メッセージには「SLAM DUNK」のタイトル文字と共に、「映画になります!」の文字が添えられている。


ツイートに合わせて、ティザーサイトと、作品公式ツイッター(@movie_slamdunk)を公開。東映アニメーションによると、“新しいアニメーション映画”を制作中とのこと。引き続き注目だ。


『SLAM DUNK』(読み:スラムダンク)は週刊少年ジャンプ(集英社)1990年42号から1996年27号まで連載された、井上雄彦氏による少年漫画。高校バスケを題材に選手たちの人間的成長を描き、国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちが中高生の共感を呼び、圧倒的な支持を受ける。その影響からバスケを始める少年少女が続出し、テレビアニメ(1993年10月~1996年3月)やゲームなども製作された。2006年、若いバスケットボール選手を支援するための「スラムダンク奨学金」が設立される。2018年、全カバーイラスト描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した新装再編版(全20巻)刊行。2020年には、イラスト集『PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2』刊行。連載開始から30周年を迎えた。


▼ティザーサイト
https://slamdunk-movie.jp


(C)I.T.PLANNING,INC.

※本記事は掲載時点の情報です。