木村昴『ソウルフル・ワールド』でピクサー史上初の3役を同時担当

アニメ・声優 公開日:2020/12/22 5
この記事を
クリップ

ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』が、ディズニー公式動画配信サービス ディズニープラスにて12月25日(金)17時より独占配信開始となる。

この度、数々の人気キャラクターの声優を務め、ラッパーとしても活躍する木村昴が日本版声優として参加することが決定した。さらに木村が担当するのは声優だけでなく、日本版エンドソングのラップ曲『ラッピン・セド』の歌唱と日本語訳も同時に手掛けており、3役を同時担当するのはピクサー史上初のこととなる。



【関連】ピクサーの新たな大傑作誕生『ソウルフル・ワールド』革命を起こす3つの理由とは?


生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”を舞台に、夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる本作。自分の“人生のきらめき”は音楽だと信じて疑わないジョーと、“人生のきらめき”を見つけられない22番が、大冒険の末にそれぞれの“人生のきらめき”を見つける物語。


木村が本作で声優を担当するのは、主人公ジョーの行きつけの理髪店の客ポール役。ジョーにとっては日常である理髪店だが、22番と出会ったことでいつもの日常が違った風景に見える重要なシーンでの出演となる。さらに、木村は声優だけでなくエンドソングのラップ曲『ラッピン・セド』も担当。劇中にも登場するこの楽曲はジョーが学生時代に組んでいたラップグループが作った曲で、ジョーの青春の1ページを飾る思い出の曲でもある。自身の“人生のきらめき”がラップミュージックというくらい、ラップへの熱い情熱を持ち、声優だけでなくラッパーとしても高く評価されている木村は、『ラッピン・セド』の日本語訳も手掛けており、日本版声優とエンドソングの日本語訳&歌唱を担当したのは、ピクサー史上初めてとなる。




英語で作られたラップを日本語訳するのは木村にとっても初挑戦だったそうだ。木村は「日本語訳するのは手探りではあったのですが、ちゃんと皆さんに納得して楽しんでもらえるように、英語のニュアンスを日本語にしても伝えられるよう言葉選びとリズムにこだわりました。ジョーが学生時代に楽しみながらラップをやっていたというエピソードがあったので、仲間といっしょにやっていて楽しくてしょうがないという“ご機嫌さ”を意識しましたので、ぜひ注目してほしいです。」とエンドソングに込めた熱い想いを語っている。


『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて12月25日(金)17時より独占配信開始。

■『ソウルフル・ワールド』
12月25日(金)ディズニープラスにて17時より独占配信開始
(C)2020 Disney/Pixar.


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)