『鬼滅の刃』声優・櫻井孝宏がパーソナリティ、レコード愛を語り尽くす特番放送

アニメ・声優 公開日:2020/12/21 15
この記事を
クリップ

“令和”の年の瀬に、レコードを語り尽くす特別番組『レコード新時代!アナログムーブメント2020』の放送が決定した。パーソナリティは、レコード収集を趣味に持ち、数多くのレコードに触れてきた実力派人気声優・櫻井孝宏。


櫻井孝宏は1996年に声優デビュー以降、アニメを中心に、ゲームやドラマCD、吹き替え、ナレーション、ラジオなどに数多く出演。長年第一線で活躍し続け、声優業界を牽引する実力派人気声優。


主な出演作は、『おそ松さん』(松野おそ松役)、『鬼滅の刃』(冨岡義勇役)、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(アバン役)、『呪術廻戦』(夏油傑役)ほか。


新型コロナウイルスによって大打撃を受けたメディアの1つである「音楽業界」。アメリカでは、コロナ禍によるロックダウンに伴い「じっくりと音楽を楽しむ」という需要が高まった結果、1980年代以降で初めてレコードがCDの売り上げを上回ったという。サブスク文化が進む中でも消えないレコードの魅力、デジタル世代、いわゆる「Z世代」へのレコード再燃の理由とは?音楽を「所有する」喜びや楽しみを改めて感じる1時間の特別番組。


パーソナリティを担当する櫻井孝宏は、自宅にアナログレコードを7000枚以上所有するレコードマニア。これまでメディアではあまり話してこなかったレコード愛や自身のこだわりについて、存分に語る。


さらに、ゲストコメンテーターに「日本で最後」といわれたアナログレコード製造工場をもつ東洋化成株式会社の営業本部長であり、「レコードの日」「RECORD STORE DAY」などの主催・運営も担当している本根誠を招き、レコード全盛期から低迷、再燃、国内外のミュージックシーンの変移、デジタル世代(いわゆる「Z世代」)のレコードムーブメントについても多角的に語り合う予定。


『レコード新時代!アナログムーブメント2020』は、12月31日(木)15時から放送。なお、この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。


■ニッポン放送『レコード新時代!アナログムーブメント2020』
12月31日 15時00分~16時00分 放送
パーソナリティ:櫻井孝宏

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ