『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 公開24日間で興行収入200億円を突破

アニメ・声優 公開日:2020/11/09 1
この記事を
クリップ

2019年に放送が開始されたTVアニメ『鬼滅の刃』。同年9・10月に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じた。その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が10月16日(金)に全国公開となった。


以下、4週目となる11月7日・11月8日の興行成績が以下となり、累計興行収入が約200億円に達した。

11月7日(土) 観客動員: 628,614人  興行収入: 863,827,750円
11月8日(日) 観客動員: 667,179人  興行収入: 909,098,150円

■公開24日間の累計興行成績及び累計観客動員数
10月16日(金)~11月8日(日) 24日間成績 
全国411館(IMAXシアター 38館含む)
計15,373,943人 20,483,611,650円

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ