斉藤壮馬、エキセントリックな人物演じ「役者としてとても刺激的でした」

アニメ・声優 公開日:2020/11/09 10
この記事を
クリップ

女性向け新CDレーベル「Spica」の第一弾作品『PERFECTION NOISE Episode.0』よりキャストインタビューが到着した。この記事では一条瀬那役・斉藤壮馬のインタビューをお届けする。


『PERFECTION NOISE(パーフェクション ノイズ)』は、日本のエンタテインメントシーンに彗星の如く現れたダンス&ボーカルユニット『NOISE NOVA(ノイズ ノヴァ)』=通称『NOISE(ノイズ)』のメンバー4名が芸能界を生き抜いていくさまを描く。


「NOISE」メンバーの声を担当するキャストは、努力を怠らずその歌声で多くの人々の心を魅了しているセンター倉月成海(くらづき なるみ)役に千葉翔也、かつては海外でソロ活動をしており、現在もユニット内で実力No.1を誇るもうひとりのセンター一条瀬那(いちじょう せな)役に斉藤壮馬、ダンスパフォーマーでは右に出るものはいない堅物のパフォーマー兼サブボーカル向坂秋人(さきさか あきと)役に石川界人、歌やダンスを卒なくこなすパフォーマー兼サブボーカルでリーダーもつとめる来宮千智(くるみや ちさと)役に木村良平といった豪華声優陣が出演。さらに彼らが所属する事務所の代表・右京貴藤(うきょうたかふじ)役は速水奨が担当する。CDシリーズは2020年11月より5巻連続リリースとなる。


<一条瀬那役・斉藤壮馬 インタビュー>

Q1:作品のコンセプトや物語について感じたことなどをお聞かせください。

EDM×ダンスボーカルユニットというコンセプトは、ありそうでなかった感じがして魅力的だなと思いました。しかも彼らは国内のみならず世界的に評価されているアーティスト。芝居も歌も、その設定に恥じぬようなものを出さなければならないと、気合を入れて臨みました。そんな作品にお声がけいただけて、とてもありがたく思っています。ストーリーは、今回(ドラマCD)彼らがチームとして新しいステップに進むエピソードだったと感じています。最初の彼らは、右京社長の「このままじゃNOISE NOVAは終わってしまう」という言葉の通りバラバラでした。千智と秋人のサポートを受けつつも、瀬那と成海が本気でぶつかりあったことで、結果的に彼らが結束してレベルアップできたのは熱い展開だと思いました。今後がどうなっていくのかが楽しみです。


Q2:本日のご収録の感想(ご自身のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

瀬那は非常にエキセントリックな人物なので、役者として演じていてとても刺激的でした。彼は悪意を持って人を煽っているというよりは、経験に裏打ちされた自信とプライドを素直に表現している人なのだろうと思ったので、聴こえ方としては嫌味っぽくはなってしまったかもしれませんが、その根底にある第一線に立っている覚悟を感じながら臨みました。とはいえ、かなり強めなセリフが多かったので、そこは大変でしたね(笑)。表現としてワンパターンにならず、人間くささが出ていたらいいなと思っています。


Q3:キャラクターの関係性についてはどう感じられましたか?

成海と瀬那は、一見ひとりが完成されていてもうひとりがこれから伸びていくという対比的な関係性のように思えますが、意外と軸は似ている部分もあるのかもしれませんね。ミニドラマでは瀬那の方が苦労人なんじゃないかという雰囲気が漂いはじめていたので、これからが楽しみです(笑)。千智と秋人は個別のお話を見てみたいですね。今回は瀬那と成海の確執がありそれを見守るふたりという描かれ方だったので、そんな彼らの描かれていない過去や内面を、個人的にもっと見てみたいなと思いました。


Q4:今回の物語では、仲間同士の衝突からはじまり、グループとして「NN」が成⻑していく姿が描かれました。今後NOISEメンバーが展開する物語で、⾒てみたいor 演じてみたいストーリーはございますか? 

今回はアーティストとして先輩である瀬那がまだ発展途上の成海とやりあうという話だったので、逆に成海が成長しすぎて瀬那が焦り始める展開も見てみたいですね。シリアスとコメディどちらの要素も楽しめる作品なので、日常回やドタバタ系も楽しそうです。



Q5:作品タイトル・グループ名にもある「NOISE」という単語にちなんでの質問です。    普段⽣活されている中で、生活音でも音楽でも構いませんので、好きなノイズ=音を教えて下さい。

昔、バスケットボールをやっていた頃の話なんですが……。休憩中、次の試合の出番待ちをするためコートの端の床に座って待機していたんです。その際、他のチームの選手がウォーミングアップでボールをドリブルする音と振動が同時に来て。それがすごく眠くなったんですよね。僕はあまり寝つきが良いタイプではないのですが、唯一複数回眠れたのがドリブルの音でした(笑)。一定の振動を与えると体や脳がリラックスするといわれているようなのですが……って、こういう話でもいいのでしょうか(笑)。あとはベタですけど、しとしと降っている雨音とかも結構好きですね。ただ自分が濡れるのは嫌なので、自室に居ながら楽しみたいです(笑)。


Q6:今回の物語の聞き所をふまえつつ、ファンの皆様にメッセージをお願い致します。

良い意味で挑戦的で野心のある作品だと思います。一条瀬那という人は、言動の表面だけを見るとクセが強くて面倒くさい人のように思えるかもしれませんが、一方で自分の仕事やパフォーマンスに対して妥協を許さない強い意志を持っているのだと思います。とはいえ、今回のドラマでいうと、NOISE NOVAのノイズ要因というか、トラブルの元凶は瀬那であることは否めないかなとも思うのですが……(笑)。瀬那も他のメンバーも決してパーフェクトではなく、歪で、人間らしさを持ったキャラクターです。僕自身はそんな生々しさが素敵だなと思ったので、彼らが描く人間ドラマと紡ぎ出す音を楽しんでいただけたら幸いです。そして、このあと個別のCDも発売されます。今回のドラマを聴いていただくと、「この4人は一体どんな人なんだろう? もっと彼らのことを深く知ってみたい」と彼らのことが気になる作りになっていると思いますので、ドラマとあわせて個別のCDも楽しんで聴いていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


ⒸSpica


あわせて読みたい、他キャストインタビューはこちら


■ドラマCD「PERFECTION NOISE」主題歌「True Place」

倉月成海(CV:千葉翔也)、一条瀬那(CV:斉藤壮馬)、向坂秋人(CV:石川界人)、来宮千智(CV:木村良平)

音楽配信サイト「animelo mix」で配信中!
http://r.animelo.jp/8G00fqg2


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)