西山宏太朗、久々の再会で内面性に迫る撮影「幸せなめぐり合わせですよね」

アニメ・声優 公開日:2020/09/09 4
この記事を
クリップ

10月7日にミニアルバム『CITY』でアーティストデビューを果たす声優の西山宏太朗が、『月刊TVガイド』(東京ニュース通信社)に単独初登場。これまで、西山のさまざまな写真を撮影してきたティム・ギャロ氏とのフォトセッションによる、撮り下ろしのグラビアを掲載する。


「このデビューというタイミングでもう一度撮影していただけるなんて…。幸せなめぐり合わせですよね」と西山も気合十分で臨んだ撮影。アーティストデビューを祝して、リムジンを貸し切り、ラグジュアリーな雰囲気の中、タキシード姿の西山をカメラに収めていった。互いにリスペクトし合う2人ならではの空気感で、真摯さ、明るさ、人懐っこさなど、西山のさまざまな内面性に迫るフォトセッションとなった。


さらに、全国のアニメイト、アニメイト通販で購入すると6地区で絵柄が異なる生写真をプレゼント。全6種の絵柄が本日公開となった。


【画像】ほかの生写真の絵柄も見る

また、今号の「月刊TVガイド」の表紙は、10月2日公開の映画「浅田家!」で主演を務める二宮和也に決定。巻頭グラビアにも登場する。


<西山宏太朗 コメント>

「リムジンに実際に乗ったのは初めて。すごくラグジュアリーな雰囲気の中、経験したことがない非現実感を味わうことができて面白かったです。それと、今回、ティム・ギャロさんに撮影していただいたのがめちゃめちゃうれしくて。実は以前、僕の写真が初めて雑誌の表紙になったとき、撮影していただいた方なんです。そのときもかっこよく撮っていただきました。このデビューというタイミングでもう一度撮影していただけるなんて…。幸せなめぐり合わせですよね。今回もすごく雰囲気よく撮影していただけたので、皆さんに喜んでいただけるんじゃないかと思います」


<カメラマン/ティム・ギャロ コメント>

「西山さんと久々の再会、とてもうれしかったです。よく撮影させていただく声優さんの中でも、彼の生来からの内面性がにじみ出るスタイルや表現力は印象的でした。今回も、彼の明るさや真っ直ぐさ、紳士的な佇まいを写せるように心がけていました。またぜひ一緒にファンタスティックなセッションをしたいですね!」


■「月刊TVガイド2020年11月号」
(関東版/関西版/愛知・三重・岐阜版/福岡・佐賀・大分版/北海道版/静岡版)
発売日:2020年9月24日(木)※一部、発売日が異なる地域がございます
特別定価:410円(税込)
発売:東京ニュース通信社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ