左耳から水樹奈々、右耳から早見沙織…リスナーに癒やしボイス届ける『水樹奈々のMの世界』

アニメ・声優 公開日:2020/09/07 6
この記事を
クリップ

TOKYO FMとエフエム愛媛で放送中の、水樹奈々がパーソナリティをつとめる『水樹奈々のMの世界』(毎週月21:00-21:30、エフエム愛媛では土 26:00-26:30)では、9月7日・14日(月)の2週に渡り、ゲストに声優・アーティストの早見沙織を迎える。2019年に水樹奈々が行なったスペシャルイベント『NANA MUSIC LABORATORY 2019 ~ナナラボ~』で共演し、ファンを魅了したアカペラでのタイマン勝負の裏話から、バイノーラルマイクを使用したスペシャル企画に加え、今年アーティストデビュー5周年を迎えた早見沙織のクリエイターとしての素顔を紐解く。


1991年生まれ、卓越した演技力、美しい声質で声優として多くのアニメ作品に出演している早見沙織。水樹奈々がゲスト出演したTVアニメ『赤髪の白雪姫』では主題歌『やさしい希望』を担当し、2019年には水樹奈々の地元・愛媛県のひめぎんホールで行われた、『NANA MUSIC LABORATORY 2019~ナナラボ~』で早見沙織がシークレットゲストとしてコラボ出演した。今回、そんな2人がラジオで初めての共演を果たし、ライブ共演のウラ話やバイノーラルマイクを使用したスペシャル企画でもコラボする。

7日(月)の放送では…水樹奈々と早見沙織が仮想マッサージ屋の店員に扮し、猛暑で疲労困憊するリスナーを耳から癒やす。立体音響を演出するバイノーラルマイクを使用し左の耳から水樹奈々、右の耳から早見沙織という耳元で感じる事ができる“癒やしボイス”をお届けする。そして、14日(月)の放送では共に作詞作曲活動を行っている声優・アーティストとしてのクリエイター対談。さらに、9月2日にリリースされたばかりの早見沙織のアーティストデビュー5周年記念ミニアルバム第2弾『GARDEN』について楽曲制作秘話や早見沙織の感銘を受けた幼少時代の音楽のお話などをお届けする。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)