『Disney 声の王子様』浅沼晋太郎、古川慎ら12名の豪華ライブ「ようやく完成した」

アニメ・声優 公開日:2020/08/23 12
この記事を
クリップ

8月23日(日)ニコニコ生放送にて配信された「Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2020」。


今夏、シリーズ初のライブツアーを開催予定だったたが、来場者とそのご家族の安全と健康を第一に考え、配信特番という形でライブステージを届ける事となった本番組には 「Disney 声の王子様  Voice Stars Dream Selection Ⅱ」(2019年9月25日発売)のボイスキャスト12名(浅沼晋太郎、天﨑滉平、荒牧慶彦、小澤 廉、木村 昴、高野 洸、立花慎之介、橋本祥平、古川 慎、増田俊樹、八代 拓、山谷祥生)が生出演した。


番組冒頭、ボイスキャスト陣が白の王子衣装を身にまとい登場。ライブ公演を予定していた「東京ガーデンシアター」にて無観客で事前収録された事が話され、木村 昴は「演出にもこだわっていて、映像が素晴らしい仕上がりになっています!大スペクタクルです!」と、小澤 廉は「ステージセットも豪華で素晴らしいです」と語った。


ライブパートは、歌唱に加えて、ボイスキャストによるプロローグと朗読が行われ、ライブでしか見る事の出来ないスペシャルなステージとなっている。

開幕を飾るのは、ライブ初披露となる「夢はひそかに〔シンデレラ〕」。浅沼晋太郎、橋本祥平、増田俊樹、山谷祥生らが王子衣装で高貴に歌い上げる。そして、荒牧慶彦はCGのイルカや魚たちで彩られた客席に向けて「アンダー・ザ・シー〔リトル・マーメイド〕」を歌い、盛り上げていく。


続くは、木村 昴の「王様になるのが待ちきれない〔ライオンキング〕」。シンバとザズーのやり取りを一人二役でおこなう圧巻のパフォーマンスを魅せ、八代 拓がお馴染みの「ハクナ・マタタ〔ライオンキング〕」を軽快なダンスと共に披露すると、ステージはジャングル一色に染まる。そして、会場に鳴り響くは「 You‘ll Be in My Heart〔ターザン〕」。冒険家のような衣装を身に纏った高野 洸が力強く歌い上げ、ステージは壮大な世界観に包まれていく。


ほどなくして、軽快なラッパの音と共に登場した天﨑滉平は「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」を笑顔いっぱいにパフォーマンス。そして、スクリーンにスティッチの映像が映し出されると、日本語歌詞で初披露となる「ハワイアン・ローラーコースター・ライド〔リロ&スティッチ〕」を荒牧慶彦、小澤 廉、立花慎之介がノリノリに歌い上げる。ステージがライトブルーに輝き、続いて披露されたのは、小澤 廉による「アロハ・エ・コモ・マイ〔リロ&スティッチ:ザ・シリーズ〕」。アロハシャツと麦わら帽子という夏真っ盛りな衣装で元気にステージを駆け巡る。次に披露されたのは、橋本祥平の「ハイ・ホー〔白雪姫〕」。6人のダンサーと共に、7人の小人さながら息ぴったりのダンスとパフォーマンスを魅せる。


そして、ライブ中盤に差し掛かり「塔の上のラプンツェル」の朗読へ。ストーリーと共にライブも展開され、ゴールドの髪に、ラベンダーの王子衣装を纏う立花慎之介は「自由への扉〔塔の上のラプンツェル〕」で軽やかに舞い、山谷祥生は「輝く未来〔塔の上のラプンツェル〕」を会場全体を埋め尽くす、輝くランタンの演出と共にしっとりと歌い上げた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 18件)