劇場版『美少女戦士セーラームーン』新たなる敵役の人気女性声優4人解禁

アニメ・声優 公開日:2020/08/19 7
この記事を
クリップ

2021年に前編が1月8日(金)、後編が2月11日(木・祝)で二部作連続公開される、劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』。この度、セーラー戦士の新たなる敵、アマゾネス・カルテットの声優が一挙解禁となった。


1991年から1997年に渡り少女漫画雑誌「なかよし」(講談社)で連載された武内直子作の『美少女戦士セーラームーン』。可愛らしくポップなビジュアルと運命に導かれた女の子たちが華麗に変身し戦う愛と正義の物語で連載開始から圧倒的な人気を集め、単行本の累計発行部数は2,000万部にのぼり、当時の女の子たちを夢中にさせ、社会現象を巻き起こした。1992年からはTVアニメシリーズの放送もスタート。1997年に放送が終了した後も、日本のみならず40か国以上の国で放送され、いまなお世界中で愛されるコンテンツとなっている。2012年からは連載20周年を記念したプロジェクトがスタートし、2014年には新シリーズ『美少女戦士セーラームーンCrystal』としてアニメ新シリーズが登場。今年の4月末からスタートした90年代TVアニメの無料配信も大好評と、ますます幅広い世代へと愛されている。そして、25年の時を経て、2021年に劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』が前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝)で二部作連続公開される。

本作では皆既日食の最中、地球と月の征服をもくろむデッド・ムーンサーカスが地球に入り込んでくるところから物語が始まる。今回決定したのはそのデッド・ムーンサーカスの花形、アマゾネス・カルテットのキャスト。アマゾネス・カルテットは、強大なパワーを秘めた幻の銀水晶を奪うため、特別な力を駆使してセーラー戦士の前に立ちはだかる。セーラー戦士や街の人々を苦しめる冷酷な性格とは裏腹の、個性豊かでかわいらしい姿とのギャップはファンからも人気の高いキャラクターとなっている。

花使いのセレセレを演じるのは、『鬼滅の刃』の栗花落カナヲ役や『ポケットモンスター サン&ムーン』のマオ役など様々な人気作に出演し、近年はアーティストとしても活躍の場を広げている上田麗奈。どこか余裕を感じられるお姉さんのようなセレセレを麗しく華やかに演じる。

玉乗りのパラパラを演じるのは、『ハイキュー!!』シリーズの谷地仁花役や『約束のネバーランド』のエマ役、さらに映画『シュガー・ラッシュ』日本語吹替版ヴァネロペ役など、著名な作品に数多く出演経験のある諸星すみれ。無邪気さや幼さが印象的なパラパラですが、玉使いの力でセーラー戦士を苦しめる。そんなパラパラを表情豊かに演じ、敵ながら「皆さんに愛されるキャラクター」になっているパラパラにぜひご注目を。



軽術師のジュンジュンを演じるのは、『棺姫のチャイカ』のアカリ・アキュラ役や『アイドルマスター シンデレラガールズ』の向井拓海役など声優として活躍の場を広げている原優子。ボーイッシュな性格でやんちゃなところも目立つジュンジュンを熱く演じ、アマゾネス・カルテットをさらに盛り上げる。

猛獣使いのベスベスを演じるのは、『からかい上手の高木さん』の高木さん役、『この素晴らしい世界に祝福を!』のめぐみん役、『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリア役など多くの人気作で幅広いキャラクターを演じている高橋李依。猛獣を手なづけ「女王さま然とした振る舞い」も印象的なベスベスを華麗に演じる。

アマゾン・トリオ続き、人気声優が多数出演する本作。ぜひ今後の続報にも注目しよう。

■キャストコメント

<セレセレ役・上田麗奈(うえだ・れいな)コメント>
今回出演が決まった時は、プレッシャーを感じつつも、とても嬉しかったです。幼少期はほぼ毎日、母が購入してくれたセーラームーンのDVDでお気に入りのお話を鑑賞してましたし、観ている間は自分もセーラー戦士になったような気持ちで楽しくて仕方がなかったです。今でも多くのシーンを鮮明に覚えています。そんな夢中になっていた子供の頃を思い返しながら、その時感じた気持ちを大切に、そしてしっかり届けられるように頑張りたいと思いました。とても女性らしい、柔らかく華やかなビジュアルで、時には自信や余裕も感じる格好良いところもあるセレセレさん。ふわっとした朗らかさを大切に演じさせて頂きました。何よりも、セレセレさんを含めたアマゾネス・カルテットの4人も、たくさんの方の愛情を受けながら磨かれ続けたキャラクターだと感じています。彼女たちの個性や魅力を更に引き立たせることが出来るよう、精一杯演じました。ぜひ楽しみに待っていてください。

<パラパラ役・諸星すみれ(もろほし・すみれ)コメント>
セーラームーンは誰もが知っていて、私が生まれる前から多くの人々に愛され続けてきた作品で、私自身も小さい頃に家にあったセーラームーンのファミコンのゲームにかなりハマっていました。そんなセーラームーンに出演が決まったときは「光栄だな」という気持ちと、「気合を入れて臨まないといけないな」という責任感や緊張感がありました。オーディションを受けるにあたって初期のパラパラの映像を観た時からすでに彼女の魅力に引き込まれて、ぜひ演じてみたかったので、その想いが叶ったのもとても嬉しかったです。アマゾネス・カルテットの中では末っ子のようなポジションのパラパラですが、その幼さや無邪気さを表現しながら、敵の役だけど皆さんに愛されるキャラにしたいと思いました。舌ったらずな部分や、コロコロ変わる表情、感情を素直に表現するところなど、パラパラの持つ個性や魅力を私なりに精一杯演じました。みなさんもぜひ期待して待っていてください!

1/2ページ