岸尾だいすけ “心は濃厚に濃密に”、前代未聞の『暗闇朗読劇』に挑戦!

アニメ・声優 公開日:2020/08/09 3
この記事を
クリップ

人気声優の岸尾だいすけが「ニコニコネット超会議2020夏」(8月9日~8月16日開催、以下ネット超会議)で前代未聞の朗読劇『岸尾だいすけと一緒に作る暗闇朗読劇』に挑戦する。


この企画はネット超会議の期間中、ニコニコユーザーよりイラストやテーマソングを募り、ユーザーと一緒に出演者や朗読劇中に使用する音楽やストーリー展開の一部を決めていき、朗読劇を完成させていくというもの。その完成した朗読劇は、ネット超会議の最終日である16日に配信される。

視聴者参加型のワクワク感がありながらも、スケジュール的には少々過酷でタイトな企画。その放送を目前に控える岸尾だいすけに、現在の心境や意気込みを直撃した。



――まずは『岸尾だいすけと一緒に作る暗闇朗読劇』ご出演、そしてネット超会議2020夏での配信決定おめでとうございます。

「ありがとうございます!」


――今回事前に決まっているのが、畑泰介さんの作演ということだけで、ストーリーや使用楽曲、イラストもニコニコユーザーと決めていくとされていますが、この企画が決まった時の気持ちと、現状どのような段階にあるのか教えてください。

「今回、みなさんと一緒に作っていくというのが大前提。ゆえに…、フワッとしてるんですね(笑)。この企画は、畑さんとウチの池田(青二プロダクション池田克明専務取締役)との間で4~5年くらい前からフワッと話していたものなんです。僕はそのしばらく後に畑さんから『こんな企画があるんだよ』と伺いまして、『機会があったら一緒にやりたいですね』と話していたんですが、現在、幸か不幸か人と接することが難しい状況になってしまいまして。『これはむしろ今やるべきなんじゃないだろうか』と思い、企画がスタートしました。現状に関しては、『イラストと曲は早い段階で募集開始したい』という話が出ているくらいで、残りの中身ネット超会議の1週間という期間で作り上げていくというポイントにエッジを効かせてあります!はっきり言って難しい課題ですね!一つの山です。大変ではありますが、皆さんと一緒に乗り越え、良い朗読劇を作り上げていければと思っています。」


――8月16日の朗読劇本番に向け、ネット超会議では20時より毎日配信がありますが、楽しみにしていることなどあれば教えてください。

「僕は演者ではありますが、自分でシナリオを書いたりクリエイター気質なところもあります。やっぱり、一人では作れないものってたくさんあると思っています。自分の中に無い発想をみなさんから頂き、今回は畑さんを中心にしながら僕もみんなも意見を出し合って肉付けをしていく。スタート前の現状で『なんとなくこうなるんじゃないかな』と思っている着地点と全く違うものになってくれたら面白いですね!いろんな人の意見や考え方で物語がどう広がっていくんだろう、という楽しみがあります。」


――ネット超会議の期間中に完成となる朗読劇ですが、練習の時間など取れそうでしょうか?

「そこが演者としては一番ネックになるところです!怖い部分ではあるんですが、それを逆に起爆剤にして、“密にはならないけど濃い!濃密濃厚な朗読劇”にしたいなと思っています(笑)。現状でキャスティングも決まっているわけではないんですが、メインどころは百戦錬磨の方々が揃うことになるのでは…と思っていますので、少ない稽古時間でも良いものが出来上がると思っています。フレッシュな新人たちにも頑張ってもらおうと思っているので、番組でも視聴者のみなさんには『この人にはこの役が合ってるんじゃないか』とキャスティングにも参加してもらう企画を検討中ではありますが…、いかんせんこの企画もフワッとしてますからね(笑)できたらいいな!という段階です。」


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)