上白石萌歌「一緒に育ってきた」ポケモン映画のゲスト声優に喜び

アニメ・声優 公開日:2020/07/31 2
この記事を
クリップ

1998年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まり、今年で23作目を迎えるポケモン映画。昔、劇場で第1作を観ていた子供たちが、親世代となり、自分の子供を連れ、ポケモン映画を一緒に体感している。


“夏はポケモン!”を合言葉に22年間夏に劇場公開をしてきたポケモン映画。そんな日本の夏の風物詩ともいえるポケモン映画の最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』が今年、初めての冬公開!今回は森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと、ココを育てた幻のポケモン・ザルードの親子の愛を描いた今までにないカタチの絆の物語となっている。


この度、サトシが出会う、ポケモンと人間の親子を演じるゲスト声優が決定。ポケモンに育てられた少年・ココ役に上白石萌歌、そして、そのココを育てた幻のポケモン・ザルード役に中村勘九郎が挑む。映画『未来のミライ』(2018)では、声優初挑戦ながら、見事4歳の男の子を演じ切った上白石が、今作ではポケモンと人間の狭間で揺れ動く10歳の少年を演じる。


さらに2012年に6代目・中村勘九郎を襲名し、映画『銀魂』(2017)では体を張った演技で幅広い観客の心を掴むなど、歌舞伎のみならず、活躍の場を広げる中村勘九郎が、森で見つけた人間の赤ん坊を森の掟を破って育てる幻のポケモン・ザルードを演じる。昨年、NHK大河ドラマ『いだてん』で圧倒的な熱量で日本中を駆け抜けた二人が、この冬、ポケモンと人間という種族を超えた親子愛で日本を感動の渦に巻き込む。



さらに、サトシが訪れる森で最先端技術を研究する「ビオトープ・カンパニー」のゼッド博士役に、今年で連続出演23年目を迎える山寺宏一、さらに女性研究員・カレン役に、今年で13作目の出演となる中川翔子の参加も決定。


キャストのコメントも到着した。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)