「ヴァンパイア騎士」 初舞台化にAKIRA主役、乃木坂46 若月佑美も抜擢

アニメ・声優 公開日:2014/10/27 5
この記事を
クリップ
}/

イケメンだらけの大人気マンガ作品「ヴァンパイア騎士」が初めて舞台化されることが決定した。


作品の人気を支えるのは、なんといっても名門・黒主学園の夜間部に通う超美形集団、ヴァンパイアたち。

ヴァンパイアたちのキャスティングが注目されるところであったが、特に中心人物となる玖蘭枢、錐生零役には注目が集まった。




その玖蘭枢役に抜擢されたのは、アーティストであり人気モデルとしても活躍するAKIRA、そして錐生零役には新進気鋭の男装モデル・ルウトが抜擢された。

さらに黒主優姫役には乃木坂46・若月佑美を起用が決定。 ほかにも腐男塾を卒業した喜屋武ちあき、POPTEENの人気モデル・松本愛などの出演が決定するなど豪華な顔ぶれが舞台を彩る。

AKIRAは、10月25日(土)~26日(日)お台場で最大級のハロウィンイベント「T-SPOOK TOKYO HALOWEEN PARTY」の初日に出演!フジテレビ本社前のステージでライブパフォーマンスを披露し、ももいろクローバーZや、アローディア、MACOなども参加したパレードにはルウトとともにヴァンパイア姿で登場しイベントを盛り上げた。


・AKIRAを今すぐチェック!
☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!


この記事の画像一覧