『DIG-ROCK』続編、キャストインタビュー公開【Impish Crow 編】

アニメ・声優 公開日:2020/06/23 4
この記事を
クリップ

オリジナルドラマCDレーベル『MintLip』にてリリース中の【バンド物語】『DIG-ROCK(ディグロック)』から、続編ドラマCD『―DUEL FES― Vol.1 Type:IC』が6月24日(水)にリリースされる。この度、キャストインタビューが到着した。


本作は、数々の人気タレントが所属する芸能事務所『DIGNITY PRODUCTION(ディグニティ プロダクション)』を舞台に、人気インディーズバンドとして活躍し事務所所属となった『Impish Crow(インピッシュ クロウ)』と、若者から圧倒的支持を集め、今一番勢いのある『RUBIA Leopard(ルビア レパード)』の二組のバンド物語を描くドラマCDシリーズ。そして、前シリーズと同様に各バンドの新曲も収録。ツグミ(CV.内田雄馬)とアカネ(CV.古川 慎)による圧倒的歌唱力と『DUEL FES』として全4曲、新たな楽曲でシリーズを盛り上げる。

◆『DIG-ROCK DUEL FES Vol.1 IC』キャストインタビュー

【画像】キャストの画像を見る


Q1. 収録を終えてのご感想をお願いいたします。

内田雄馬:今回、ルビレとしっかりと相対して同じステージに立つということで、ツグミ的にはどういう風に戦っていこうかという悩みがあったと思います。そんな中でも、心の中でよりインクロとして高みを目指したいっていう気持ちがあったということを再確認できたお話になっていて、ツグミの前向きさが全面に感じられてとても良かったなと感じています。

江口拓也:はじめて大きなライブをするということでそれぞれの不安も垣間見えましたが、最終的にはぶち上がって安心しました(笑)。これまでに色々なことを乗り越えてきているのもあって、立ちはだかる大きなものに対して新曲をぶつけていく強気なところが、今の彼ららしくて良いなと感じました。

羽多野渉:噂には聞いていたルビレの皆さんとご一緒できたことが嬉しいなと思いますし、バンドが違うだけでこんなにキャラクターの個性や雰囲気が違うんだなと、会話が非常に楽しかったですね!同じ楽器を担当しているキャラクターであるマシロはどんな人なんだろうと思っていたんですが、気に入っちゃいましたね。キライじゃないです!(笑)

立花慎之介:もう1つのバンドとようやくキッチリ絡めて、どういう雰囲気の人たちなのかというのが改めてわかるCDだったのかなぁと思います。家で台本を読んでいるときになんて分厚いんだと驚いたんですけど(笑)、いざ収録してみたらよく考えられている作りで面白いなと。1枚でいろいろ楽しめるCDなんじゃないかなと思いました。

伊東健人:ついにきましたね。お互いがガッツリ会話をするというのは初めてということで、飛倉自身も一緒に仕事をするというのは楽しみだったと思いますし、ワクワクしつつドキドキもあったんじゃないかなと思います。巌原とも久しぶりにあった気がしますし、もちろんいつもと変わらない面々もいますし、一堂に会したのが楽しかったです。




Q2. 初の顔合わせとなった「Impish Crow」と「RUBIA Leopard」のメンバーですが気になるキャラクターはいましたか? また、相手のバンドにどのような印象がありましたか?

内田雄馬:やっぱり日暮茜ですかね~。彼のセクシーさは今までも出てきたと思うんですけども、我々インクロと並んで対比することで、より大人感が際立ったんじゃないかなと思います。大人な男のセクシーさは誰しも憧れがあると思うので、それをもっているのはさすがだなと感じましたね(笑)。

江口拓也:日暮茜さんの激しいイメージばかりが先行していたんですが、案外話せる人は話せるんですね(笑)。皆クレイジーだと恐らくバンドは崩壊するので、ある程度良識ある人が支えながらバランス良くやっているんだなと思いました。

羽多野渉:インクロから見ると、ルビレというバンドは成熟したベテランのバンド、追い越さなければならないライバルっていうイメージがあって、そこから得るものは当然多いと思うんです。でもルビレ側が何故オープニングアクトにインクロを呼んだのかというのがドラマの中で語られたときに、お互いに欲しいものを補える良いライバル関係が築けそうだなと思いました。ミツルは同じ楽器担当のマシロと会話をするシーンがたくさんあって楽しかったです。マシロはフラフラしたチャラい人に見えて実は客観的に俯瞰で物事を捉えてるところがありますよね。彼のような人がいるからこそ、バンドとしてまとまっていくこともあるだろうなと思いました。

立花慎之介:ルビレはバンドとしてインクロより一つ抜きんでているというか、前にいる先輩という立ち位置なわけですが、いざ接してみると嫌な感じはなくて非常に先輩らしく、先にデビューして売れているバンドとしての心意気みたいなものが伝わってきました。見方が変わりましたし、あぁ、このライバルたち良いなと感じましたね。

伊東健人:今のところ僕はアカネが一番気になっています。ビジュアルのイメージですが、第一印象が「こわい」でした。CDの中では呼び出しを食らって、同じ事務所のアーティスト相手にビビりながらも行くというシーンもあります(笑)。インクロのマネージャーとしてはルビレは完全に上の存在で、今のところは目指すべきものの道の上にいるバンドという意識があります。ただ、元バンドマンの血なのか、どっかで「超えてやる」ってインクロメンバーと一緒に飛倉も燃えています。今後、追いつけ追い越せといった良いライバルになってくれるといいなと思いますね。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)