『日本沈没』小野賢章ら、運命を左右する重要なキャラクターに決定

アニメ・声優 公開日:2020/05/29 9
この記事を
クリップ

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『きみと、波にのれたら』『SUPER SHIRO』等で世界的な評価を受けてきた湯浅政明監督。アニメ表現の限界に挑み絶大な支持を集めた『DEVILMAN crybaby』以来、2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、小松左京氏のベストセラー『日本沈没』の初のアニメ化に挑んだ、Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』が、7月9日(木)より全世界独占配信決定。

2020年、現代の日本が舞台となる本作。陸上部に所属し将来を期待される中学生・武藤家長女の歩(あゆむ)、父・航一郎、母・マリ、弟・剛(ごう)はごく普通の家族。しかし突然の大地震が日本を襲い、平穏な日常を一瞬にして奪い去っていった。想像を絶する環境の中で、家族4人で東京から決死の脱出を始めるが、“沈むはずのない”日本列島が徐々に軋み始め、容赦なく彼らの行く手を阻んでいく―。

この度、今作の予告が初解禁された。解禁となった本予告では、何気ない日常が突然奪い去られる瞬間が歩を中心にそれぞれの目線で映し出され、変わってしまった街並みが衝撃の強さを物語る。一変してしまった日常の中で、それでも強い絆で結ばれた彼らは立ち上がり、懸命に再生へと向かって進もうとする。この先、訪れるたくさんの出会いと別れにはどんな運命が待ち構えているのか。「私のいる場所はここだから。みんなのいる場所が私の場所だから!」――歩は、希望の灯を握りしめ走り出す。


そして、新たなキャラクターとそれを演じるキャスト陣も発表。古賀春生(CV:吉野裕行)、三浦七海(CV:森なな子)、カイト(CV:小野賢章)、疋田国夫(CV:佐々木梅治)の4名が、武藤家の運命を左右する重要なキャラクターを演じる。極限状態の中でも、新たな人との出会いが歩たちを力づけ、再び未来へと立ち上がる勇気を与えていく。


■オリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』

Netflixにて、7月9日(木)全世界独占配信(全10話)
キャスト:上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治


(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)