『はたらく細胞BLACK』TVアニメ化、榎木淳弥「身体に鞭を打ち頑張りたい」

アニメ・声優 公開日:2020/04/16 4
この記事を
クリップ

『モーニング』にて連載中の作品、『はたらく細胞BLACK』のTVアニメ化が決定した。


本発表に合わせて第1弾PV&キービジュアル、そしてメインスタッフ・メインキャストを解禁した。監督は『ストライク・ザ・ブラッド』などを手掛けた山本秀世、アニメーション制作はライデンフィルムが担当。メインキャストは、赤血球役に榎木淳弥、白血球(好中球)役に日笠陽子、そしてナレーションを津田健次郎が担当する。TVアニメは2021年1月放送開始する。

『はたらく細胞BLACK』は『月刊少年シリウス』の人気コミック『はたらく細胞』のスピンオフ作品となり、「飲酒」「喫煙」「睡眠不足」などの重なる不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく、細胞たちの過酷な労働環境を描いた作品。『はたらく細胞』は、赤血球と白血球を中心とした体内細胞の知られざる活躍を描いた細胞擬人化作品として、漫画・アニメ・舞台と幅広い展開で人気を博している作品となっている。

これは、終わりのない絶望に抗う、細胞たちの命をかけた戦い!全世界の、 過酷にはたらく人に勇気を贈る物語。

■Introduction
毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、 新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、 徹底的にブラック――!!飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか?
これは、 あなたの体の物語――。
『はたらく細胞BLACK』2021年1月TVアニメ放送開始!

<キャストコメント>

◆赤血球役:榎木淳弥

小さい頃は体が弱くずっと入院していたので、小児科病棟を支配する王のような存在でした。生まれながらのこのBLACKな身体に鞭を打ち頑張りたい。はたらく細胞BLACK、観て下さい。

◆白血球(好中球)役:日笠陽子

いまだ人間ドックも行った事がなく、大量のサプリで健康を維持できていると思っています。筋トレしてるからなんとかなるなる! みんなで身体にムチ打ってBLACKな作品にしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

◆ナレーション:津田健次郎

この作品に出会う為に不摂生をしてきたのだ! きっとそうだ! BLACKな私は、この作品に参加しWHITEになっていくのだ! 嗚呼運命の導き! …えっと…あの…精一杯ナレーションをやらせて頂きます! BLACKな皆様も観る運命なのです!

<スタッフ コメント>

◆原作:原田重光

自らも40を越え自律神経失調症やら原因不明の血尿やらに悩まされ、 おびえながら原作を書く日々です。 おかげでタバコもやめ生活も見直しました。 この作品の広がりが世の中年の体をBLACKな環境から救うきっかけになればと思います。 まだ間に合う!


◆漫画:初嘉屋一生

アニメ化!感謝!感激!!めちゃめちゃ嬉しいっ!これは筆が乗る!そして脂ものる!?最近ぽっこりとお腹が出てきたのは俗に言う幸せ太りってやつでしょうか?(いかん、 運動せねば…)今後もBLACKを盛り上げていくべく、 健康と原稿に努めて頑張ります!

1/2ページ