『日本沈没』アニメ化、キービジュアルの家族写真に秘められた思いとは

アニメ・声優 公開日:2020/04/16 9
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixでは、『DEVILMAN crybaby』で全世界を衝撃に包んだ湯浅政明監督が、小松左京氏のベストセラー『日本沈没』の初のアニメ化に挑んだNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』を2020年夏に全世界独占配信する。このたび、”希望と再生の物語”を映し出した、キービジュアルが解禁された。


2020年の日本が舞台となる本作。これまでの『日本沈没』の映像作品では描かれることの少なかった”ごく普通の家族の物語”を通じて、”いま”がリアリティと緊張感をもって迫ってくる内容になっている。

本作の主人公は、陸上部のエースでオリンピックを目指している、武藤家の長女・14歳の歩(あゆむ)。オンラインゲームに夢中で、エストニアに住む夢を持つクールな弟の剛(ごう)、元水泳選手でどんな苦境でもポジティブな母・マリ、サバイバル能力がありいつでも頼れる存在の父・航一郎とともに、ごく普通の生活を送っていた。しかしある日、突然の大地震が日本を襲い日常が一変。家族4人で東京から決死の脱出を始めるが、”沈むはずのない”日本列島が徐々に軋み始め、容赦なく彼らの行く手を阻んでいく―。

このたひ、本作の<キービジュアル>が解禁。ところどころ擦り切れた1枚の写真には、歩を中心に、武藤一家が笑顔で並んでいる。その背景には、まさに大震災直後を思わせる衝撃的な風景が見え隠れしているが、誰かの手によって掲げられている写真は、紺碧の海と青空、そして太陽に照らし出されており、その先に希望を感じさせるビジュアルになっている。

極限状況の中で、否応なく究極の選択を突きつけられた人々が運命と向き合い、その先にある希望と再生へと進もうとする物語。果たしてどのように描かれているのか、ますます期待が高まってくる。

また、この『日本沈没2020』(2020年夏全世界配信)が、アヌシー国際アニメーション映画祭2020のTV部門に日本から唯一出品されることが決定した。本映画祭でノミネートされるのは今回が5度目(TV部門では2度目)となる湯浅監督は、2017年に『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞。『DEVILMAN crybaby』で全世界を衝撃に包んだ湯浅監督が挑んだ最新作『日本沈没2020』にも期待が集まる。本年は6月15日~30日に渡り、デジタル上で開催されると改めて正式に発表された。


■Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』
配信日:2020年夏 Netflixにて全世界独占配信
エピソード:全10話
キャスト:武藤歩:上田麗奈/武藤剛:村中知/武藤マリ:佐々木優子/武藤航一郎:てらそままさき
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明
アニメーション制作:サイエンスSARU 
製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners



※本記事は掲載時点の情報です。