『鬼滅の刃』無限列車編 劇場版キービジュアル、予告編も一挙解禁

アニメ・声優 公開日:2020/04/10 10
この記事を
クリップ

『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の吾峠呼世晴 原作によるアニメ、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の公開日が2020年10月16日(金)に決定し、劇場版キービジュアルと予告編第1弾が解禁となった。


『鬼滅の刃』はシリーズ累計発行部数4,000万部を突破した人気漫画。昨年待望のTVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、アニメ放映終了後も日本中だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれている。


昨年9月末にTVアニメ最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じ、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが映画の舞台となる“無限列車”に乗り込むシーンで終了した。本作はその最終話から繋がる物語になっている。


炭治郎たちが任された新しい任務は、炎柱:煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”の捜索。先に送りこまれた仲間の剣士も全員消息を絶ったという謎の多い事件だ。解禁された予告編では、無限列車が漆黒の闇の中を不気味に疾走するシーンから始まる。「ねんねんころりん、こんころりん・・・」奇妙な子守唄の主は本作で最大の敵となる“鬼”魘夢(下弦の壱)だ。「もう目覚めることはできないよ」と意味深な言葉を残す・・・。炭治郎たちの目の前に立ちはだかる特殊な能力を持つ下弦の壱。無事に鬼を倒し、行方不明になった人たちを救うことはできるのだろうか?そして「切るべきものは・・・目覚めるために」と炭治郎の残したこの言葉の意味とは・・・?TVアニメの最終話以来、姿をみせた“鬼”魘夢(下弦の壱)をはじめ、お馴染みのコミカルな演出、大きな意味を持つであろう炭治郎とその家族の様子など、瞬きも惜しいほどの新シーンの連続!アニメーション制作はTV放映に続き、ufotableが手掛けており、本編完成を大いに期待したい。


また同時解禁となった、劇場版キービジュアルはティザー版とはうって変わり、主人公の竈門炭治郎の他、妹の竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助の主要キャラクターも登場。今回の任務の指揮をとる最強の剣士である”柱”のひとり、煉獄杏寿郎と“鬼” 魘夢(下弦の壱)の姿も描かれている。


そしてTVアニメ版に続き、個性溢れるキャラクターたちを演じるのは、花江夏樹・鬼頭明里・下野紘、松岡禎丞、また鬼の魘夢(下弦の壱)にはTVアニメから続投となる平川大輔が担当する。


©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

※本記事は掲載時点の情報です。