木村良平・蒼井翔太ら声優5名がイケメン戦隊ヒーローに!「何で?!」という驚きの設定

アニメ・声優 公開日:2020/04/03 9
この記事を
クリップ

ファンケルとセブン&アイグループが共同開発したスキンケアブランド『セブンプレミアム ライフスタイル ボタニカル フォース(以下、ボタニカル フォース)』は、2020年4月3日(金)から、『植物戦隊 ボタニカル フォース』キャンペーンを実施。豪華声優5名が“イケメン戦士”を演じる。

本キャンペーンは、『ボタニカル フォース』の商品ラインアップを擬人化したイケメン戦隊ヒーロー『植物戦隊 ボタニカル フォース』をイメージキャラクターとしている。キャンペーン『特設サイト』ではスペシャル動画をはじめとした様々なコンテンツを展開し、キャラクターボイスには声優の寺島拓篤、細谷佳正、木村良平、諏訪部順一、蒼井翔太といった5名の豪華声優陣を起用。

『ボタニカル フォース』商品を購入すると、普段は一般男性として仕事や恋に邁進している、イケメン戦士たちの素顔を垣間見られる『オリジナルボイスドラマ』をプレゼントする企画も実施。バイノーラル録音で収録されており、臨場感を味わうことができる。

■『植物戦隊 ボタニカル フォース』とは
植物の力を宿した5人の戦士。その名も『植物戦隊 ボタニカル フォース』。お肌の水分を奪い取る悪の組織『ガサガサ帝国』に植物のうるおいパワーで迎え撃ち、地球上のお肌の平和を守る。そんな彼らはヒーローであることを世間に隠して一般人として生活し、一人の男として女性に恋しているのである。


■キャラクタープロフィール

レッド:植之山 潤(うえのやま じゅん)> CV:寺島拓篤
モチーフ商品:『うるおい ジュレミルク』

ボタニカル フォースのリーダー。「多岐なる潤い」が彼の二つ名。天性の正義感であらゆる敵へ突き進む。普段は、化粧品会社の営業マン。誰からも信頼されるエース的存在。仲が良い同期の女性に恋をしているが……。

<ブルー:奥ノ森 草平(おくのもり そうへい)> CV:細谷佳正
モチーフ商品:『うるおい 浸透化粧水』

ボタニカル フォースのブレイン。「深淵なる潤い」が彼の二つ名。常に冷静かつ的確に敵を討つ。普段は、WEBエンジニアとして働く会社員。社内イチのキレ者で、仕事はできるがどこかとっつきにくい存在。感情も恋心もうまく表現できず、陰ながら同期の女性に好意を抱いている。

<イエロー:若草 芽斗(わかくさ めいと)> CV:木村良平
モチーフ商品:『うるおい オイルクレンジング』

ボタニカル フォースのムードメーカー。「無垢なる潤い」が彼の二つ名。天才的な戦闘テクニックで敵を窮地へ追い込む。 実家は日本舞踊若草流の家元だが、現在はショップ店員。チャラチャラした見た目と言動とは裏腹に、子供の頃から幼馴染に想いを寄せる……。

<グリーン:泡島 守(あわしま まもる)> CV:諏訪部順一
モチーフ商品:『うるおい クリーム洗顔料』

ボタニカル フォースの頼れる最年長。「清廉なる潤い」が彼の二つ名。歴戦の戦闘スキルで敵を一掃する。普段は、出版社の編集部の敏腕エディター。気だるそうでミステリアスな雰囲気で、どこか声をかけにくいが、後輩想い。そんな後輩を想う気持ちがあるきっかけで……。

<ピンク:千花 葉月(ちばな はづき)> CV:蒼井翔太
モチーフ商品:『寝ながら うるおい美容液』

ボタニカル フォースの永遠の末っ子。「美麗なる潤い」が彼の二つ名。後方からのトドメの一撃で敵を圧倒する。素顔は、IT企業で働くニューフェイス。愛嬌溢れる性格で誰からも愛される“国民の弟”的存在。好意を寄せる女性にだけは、大人な一面を見せる。

■今回の企画に関する声優インタビュー

<寺島拓篤(てらしまたくま)> レッド:植之山 潤役
―今回の役を演じた感想は?

設定上29歳で、ちゃんと大人な男性で仕事ができて、でも好きな人が近くにいるけど、恋愛にはぐっと踏み出せないちょっと純なところがあって、個人的にはとっても好感の持てる人だなと思いました。

動画、ボイスドラマを楽しむみなさんへ一言。
音声ではスキンケアはできないとは思うんですけど、心は潤すことができると思うので、何度も聞いて楽しんでいただけると嬉しいです。

<細谷佳正(ほそやよしまさ)> ブルー:奥ノ森 草平役
―今回の役を演じた感想は?

エンタメ性?を持って作られたキャラクターだと思います。いい意味で『何で?!』という驚きの設定が、面白いというか、ユーザーは楽しいだろうなと感じました。

動画、ボイスドラマを楽しむみなさんへ一言。
『ボタニカル フォース』って言葉の響きだけだと、コスメ用品と繋がらない感じが個人的にしているんですけど、日本語だと『植物の力』だと。なるほど、コスメっぽいなと感じます。『ボタニカル フォース』言葉の響きからイメージして、是非楽しんでみてください。

<木村良平(きむらりょうへい)> イエロー:若草 芽斗役
―今回の役を演じた感想は?

女性慣れしていて、わりとチャラめで、でも好きな人には一途、というのはよくあるキャラクターだと思うんですが、相手が幼馴染だからこそ、他の女の子に見せてない気やすさや油断があったりとかそういうのが出せているのが可愛いなと思いました。ヒロインが寝ているところで本音を吐露するシーンでは、その時に「聴こえてた?」と確認しちゃった上に、「え?何言ったの?」と(ヒロインに)言われた時に「いやいやもう言わねえよ」とばらしていくスタイル(笑)。お前それもう、恥ずかしいこと言ってるようなものじゃんと。それがめちゃくちゃかわいいいです。

動画、ボイスドラマを楽しむみなさんへ一言。
日々使っていただくものなので、使ってみて有用だったらいいのはもちろんですが、キャラクターを重ねて、なにかもう一段愛着を持ってもらえたら、きっと普段使っていてもっと楽しくなると思います。より身近に商品と芽斗を感じてもらえたら嬉しいです。

<諏訪部順一(すわべじゅんいち)> グリーン:泡島 守役
―今回の役を演じた感想は?

他のキャラクターと比べ大人なテイストが溢れる方だったような。職業人としてだけでなく、ひとりの人間としても、ちょっと心の余裕がある感じで、気負うことなく楽しく演じられました。「生」っぽさというか、彼の存在をよりリアルに感じていただけるよう意識して演じています。皆さんに気に入っていただけると嬉しいです。

動画、ボイスドラマを楽しむみなさんへ一言。
泡島くんを「今そこにいる」存在として感じていただけるコンテンツに、なっているはずです! 日々頑張っているアナタに、心がホッと緩むようなひとときをお届けできたのならば幸いです。

<蒼井翔太(あおいしょうた)> ピンク:千花 葉月役
―今回の役を演じた感想は?

5人の中でわんちゃんのような人懐っこいキャラクターで、(担当カラーは)ピンクということで、最初は可愛らしくしてみようかと思ったけど、他のキャストを教えていただいて、もともと僕は声が高いからそこまで可愛くしすぎなくても大丈夫かなと、いろいろと考えたりしました。普段の一人の生活ではなかなか笑うことが少ない分、(今回の収録では)たくさん笑顔で話させていただいた気がします。

動画、ボイスドラマを楽しむみなさんへ一言。
葉月はしっぽふって近づいてくるような可愛いキャラクターなので、日ごろの疲れとか、できればこのオリジナルボイスドラマで癒されていただけるように(声を)録ったつもりなので、是非聴いて癒されていただけたらいいなと思います。

【画像】ソロビジュアルをみる

【画像】ボイスドラマカットを見る


■『植物戦隊 ボタニカル フォース』 キャンペーン特設サイト
URL:https://ad.fancl.co.jp/bfcp/
サイト開設期間:2020年4月3日(金)~6月26日(金)
※キャンペーンボイスドラマ再生期間は、6月25日(木)まで


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)