小島瑠璃子 『キングダム』声優が明かした壮絶なエピソードに驚き「すごい現場…」

アニメ・声優 公開日:2020/04/02 12
この記事を
クリップ

4月5日(日)24:15よりNHK総合にて放送開始のTVアニメ『キングダム』の放送開始を記念して、主人公・信を演じる声優・森田成一と「キングダム」好きとしても有名な小島瑠璃子によるスペシャル対談が実現した。

本作は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて、大人気連載中の原泰久による漫画『キングダム』のTVアニメ。原作コミックスは既刊累計6,400万部を突破し、2019年4月には初の実写映画が大ヒットを記録、社会現象となった。

物語は春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV.森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・政(CV.福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマン。TVアニメ第1シリーズはNHKBSプレミアムにて2012年6月から2013年2月、第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送された。第3シリーズでは、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編に突入し、秦国の王都である咸陽へ迫りくる合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていくという壮絶なストーリーが描かれる。

今回、信役を演じる森田成一と『キングダム』好きとしても有名な小島瑠璃子が初対談。


原作はもちろん、アニメで描かれる「合従軍編」の魅力、さらにアニメの制作現場の話など、作品を愛する二人ならではのトークを展開した二人。原作の魅力について、『キングダム』は単なる歴史ものではないと語る二人。小島は「キングダムでは善も悪も、キャラクターのバックボーンまで描かれていて、人が生きていく『道』を指し示してくれている気がする」と話すと、森田も「多様なキャラクターの生き様にはパワーや勇気をもらうことが出来る」と、熱い想いが共鳴する二人。

そして、アニメの制作現場の話では、森田が「戦場の兵士たちのガヤ収録、自分を含めメインキャスト全員で毎話収録している」と壮絶なエピソードを明かし、小島は「すごい現場ですね…!(笑)」と驚きつつ、興味津々。また、アニメで描かれる「合従軍編」について、森田は「原作に忠実に丁寧に描かれているそうなので、原作ファンも納得のものになると思う」と太鼓判を押すと、小島は「過去最大級の合戦が、アニメーメーションで見れるなんて楽しみ!でも、作り手の立場だったら、ゾッとします…(笑)」と期待と驚きの表情を見せた。そんな、キングダム史上最大の戦いが繰り広げられる「合従軍編」、4月5日(日)24:15よりNHK総合にて放送開始。

本インタビューの模様は、週刊ヤングジャンプ18号とTVアニメ公式サイトにて掲載中。4月5日(日)の放送開始まであとわずかとなり、益々盛り上がりをみせていく本作に是非ご注目を。

■TVアニメ『キングダム』
2020年4月5日(日)24:15~NHK総合にて放送開始!
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)