山崎弘也「アンパンマン」ゲスト声優決定に衝撃、ギャップ100倍なビジュアル解禁

アニメ・声優 公開日:2020/04/02 8
この記事を
クリップ

日本中に「愛と勇気」を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。シリーズ第32作目となる映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』が6月26日(金)より全国公開。

この度、本作のゲスト声優として人気お笑いコンビ、アンタッチャブル・山崎弘也が新キャラクター“雲の長老”役を担当することが決定。併せて山崎のイメージからは想像もつかないギャップ100倍なキャラクタービジュアルも解禁となった。


本作は、<雲の国>で生まれた“雲の子・フワリー”とアンパンマンたちが雲の国を救うために大奮闘する物語。<雲の国>で生まれたひとりの雲の赤ちゃんはドキンちゃんに“フワリ―”と名付けられ2人は少しずつ絆を深めていく。その頃、ばいきんまんが雲の国の王様になるために発明した黒い雲“バイグモラ”が大暴走し大ピンチに。果たして、アンパンマンたちは雲の国を守ることができるのか!?本作は【友だちと笑顔の大切さ】をキーワードに、アンパンマンが雲の国を守る為に、フワリーやドキンちゃんたちと力をあわせて立ち向かう、心が“ふわふわ”温まる大冒険の物語だ。

日本中の“家族”から愛され続ける『アンパンマン』にゲスト声優として参加することが決まった山崎弘也は、子どもが生まれ“家族”が出来てからは初めての声優挑戦となる。山崎が演じるのは、雲の国に住む<雲の長老>。雲の子たちと一緒に、真っ白な雲を色々な町や星に配りながら旅をする雲のおじいさん役に挑む山崎は、「今、3歳の娘がアンパンマンが大好きで、いつも僕なりのアンパンマンやばいきんまんやドキンちゃんで遊んでいます。その成果を出すチャンスが来ました!今から雲を見ながら雲の長老の気持ちを作っています!」と家庭でのアンパンマンエピソードを交えつつ熱い意気込みをコメント。

いつもの山崎のイメージからは想像もつかないこのキャラクターをどんな風に演じてくれるのか?お茶の間にたくさんの笑顔を届けている山崎がアンパンマンの世界ではどのように子どもたちをワクワクさせてくれるのか。新しくアンパンマンファミリーに加わる山崎の声優挑戦にぜひご注目を。


また今回解禁となった予告編は、アンパンマンと仲間たち、そしてドキンちゃんやフワリーの“雲の国”での大冒険を予感させる魅力いっぱいの映像となっている。アンパンマン愛に溢れた深田恭子、山崎弘也が新たに“アンパンマンファミリー”に加わったことで、更なる盛り上がりを見せる本作にぜひご期待を。

映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』は6月26日(金)より全国公開。

<山崎弘也 コメント>
声優のお話を初めて聞いた時、あまりの衝撃に僕は「アンパンマン役じゃないよね?」とマネージャーさんに聞いていました。そのくらい驚きと嬉しさでテンパっていました。今、3歳の娘がアンパンマンが大好きでいつも僕なりのアンパンマンやばいきんまんやドキンちゃんで遊んでいます。その成果を出すチャンスが来ました!今から雲を見ながら雲の長老の気持ちを作っています!

▼関連記事



■映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』
6月26日(金)より元気100倍!全国ロードショー
配給:東京テアトル
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2020

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)