SUGIZO&大黒摩季が初の本格的コラボ「今だからこそ大切な意味を持ち得る楽曲となる」

アニメ・声優 公開日:2020/04/01 4
この記事を
クリップ

天野喜孝、芹沢直樹、古代祐三など、日本のゲーム・漫画・アニメを中心としたカルチャーシーンで活躍する“レジェンド”クリエイターが集結した『ジビエートプロジェクト』(運営:ジビエートプロジェクト製作委員会)は、2020年夏に放送・配信予定のアニメ『ジビエート』にて、PV公開後2週間で60万再生を突破したオープニングテーマ曲『GIBIATE』を吉田兄弟と共に手掛けたSUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)がエンディング曲の作曲・編曲も務め、コンポーザー兼ギタリストとして制作に参加する。

そして、“レジェンド”クリエイターが集結するプロジェクトの大トリとして、大黒摩季がアニメ『ジビエート』エンディングテーマ曲『ENDLESS』のボーカリストとして参加することが決定した。また、作詞はアニメ『ジビエート』の企画・原作を務める青木良が担当する。


楽曲名:ENDLESS
作詞:青木良
作曲・編曲:SUGIZO
歌:大黒摩季
アーティスト名:SUGIZOfeat.大黒摩季



<SUGIZO コメント>
「こんなご時世ですが、音楽制作に勤しんでいます。こんなご時世だからこそ、音楽が必要だと感じています。今回、盟友大黒摩季さんとの念願のコラボレーションが実現しました。アニメGIBIATEのEDテーマとして、今だからこそ大切な意味を持ち得る楽曲となると思います。早くこの闇のトンネルを抜け出して、この曲と共に皆様と光を感じられる日を向かえられますように」


<大黒摩季 コメント>
「日本のアニメーション、クリエーション、そしてSUGIZOさん含めたミュージシャンなど、このオールスター陣の中に呼ばれたことは『We Are The World』に呼ばれているようで誇らしい気持ちですし、とても嬉しいです。私のやることは、少女の頃のように、駆け出しデビューの頃のように、バックコーラスをやりたての頃みたいに、仰せ付かった職務を全力でお応えするのみだと思っています。50歳にしてこんなにもワクワクとドキドキに出会えるだけで幸せなので、この幸せオーラとワクワク感を、(ジビエートを)見てくださるみなさん、感じ取ってくださるみなさんに伝えたいと思います!」

アニメ『ジビエート』は日本だけでなく中国での放送・配信も予定している。今回、SUGIZOがサウンドプロデュースを手掛ける中国の若手ロックバンドVOGUE5が、SUGIZO作曲・編曲のエンディングテーマ曲『ENDLESS』の中国語版を担当することが決定した。

<VOGUE5 コメント>
「皆さんの期待にこたえられるような良い曲を作りますので、是非、楽しみにしていてください! この作品をきっかけに初めてVOGUE5の曲を聴く人も多いと思いますので、そういう人達が「VOGUE5凄いな!」と思ってくれるように頑張ります! アニメの完成をすごく楽しみにしています! 皆さんも楽しみですよね!もう少しだけ一緒に作品の完成を待ちましょう! この素晴らしい作品を日本だけではなく、中国の人達にも見てもらいたいと思っていますので、その為に、僕たちVOGUE5が少しでも役に立てたら嬉しいです!」

■作品概要
舞台は2030年の日本。地球全土にあるウイルスが広まっていた。ウイルスの感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が変化する。そのウイルスは、変化する多様な種類から『ジビエート(ジビエのようにバラエティに富んでいる)』と呼ばれた。そんな荒廃した日本に現れた、一組の侍と忍者。タイムスリップしてきた二人は、ジビエを治療する研究をしている博士に協力し、行動を共にすることになる。襲い来る数多のジビエ、食糧を求めて旅人を襲う無法者、周囲を敵に囲まれた命懸けの旅が始まる・・・。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)