江口拓也、瞬発力が要求されるゲームで一番有利のはずが…

アニメ・声優 公開日:2020/02/27 7
この記事を
クリップ

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2020年2月24日の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび【月:安元洋貴×江口拓也】#45なすなかにしゲスト!』を放送した。

本放送ではお笑いコンビのなすなかにし(那須晃行と中西茂樹)をゲストに迎え、2人が出演しているアニメ『あはれ!名作くん』の紹介や、中西が自作したゲームを楽しむ「なすなかにしプレゼンツ!“夜あそび”持ってきました」、アニメの新キャラクターを考える「採用されるかも!?『あはれ!名作くん』新キャラを考えよう!」、月曜恒例の「味深ワード」などのコーナーを行った。


本放送に出演したなすなかにしの那須と中西は、アニメ『あはれ!名作くん』で声優としても活躍中。MCの安元と江口とも同作品で共演しており、とてもリラックスした空気で番組がスタートした。

放送内では、なすなかにしの2人に『あはれ!名作くん』の内容を紹介してもらうコーナーを実施。「ダミーヘッドマイクで告知してください」というリクエストに応え、那須と中西は“ダミヘ宣伝”に挑戦する。ダミーヘッドマイクを使うのは初めてという2人だったが、しっかりボケを交えながら、囁き声で内容を紹介。作品にゲスト出演した中尾隆聖や小野大輔、山口勝平の裏話も披露し、“喋りのプロ”としての実力を発揮した。

さらに、「なすなかにしプレゼンツ!“夜あそび”持ってきました」のコーナーでは、ゲームの自作が趣味という中西が作成した“絶対に盛り上がるオリジナルゲーム”で遊んだ。最初に登場した『ゴービーファイト』は「ランダムに引いたカードの音が語尾につく言葉をリズムに合わせて言ってゆく」というルールのゲーム。瞬発力が要求される内容に「一番脳が若い江口くんが有利だよ!」といわれていたが、当の江口は連続で敗退。「2個までは考えられるんですけどね~」と悔しさを露わにする。

次に登場したのは、一般販売もされている『ナンテイッテイルノ?』は、「お題となる写真を持て、手札から“言ってそう”と思うセリフを出す」というシンプルで盛り上がるゲーム。寝転がっている猫の写真に「始発何時?」というカードを出したり、絶叫している江口の写真に「ヘイヘイヘイヘイ!」というカードを出したり、4人で大盛り上がり。

最後に登場したのは、本邦初公開の完全新作ゲーム『ソレオモンナイッショ』。「お題が書かれたカードに対して手札から裏向きで回答を出し、他のプレイヤーに“それおもんないっしょ?”と指摘されたら表にして、面白かったら指摘したプレイヤーに札を全部渡す」という、トランプのダウトと大喜利を組み合わせたゲームだ。札を出す順番を考える戦略性や、相手の演技を見抜く洞察力が必要とされるゲームに、「拓也くん怪しいよね」「安元さん、それおもんないっしょ!?」「あーっ、おもろいやん!!」と、心理戦と笑いが交錯。4人で楽しい時間を過ごしていた。


■『声優と夜あそび【月:安元洋貴】#45 なすなかにしゲスト!』
2020年2月24日(月・祝)放送 AbemaTV「アニメLIVE チャンネル」
出演者:安元洋貴、江口拓也、なすなかにし(ゲスト)

(C)AbemaTV

▼番組が気になった方はこちらもチェック!
オリジナルコンテンツ数No1!【AbemaTV】




【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)