満足度1位は『鬼滅の刃』 国内アニメのタイムシフト視聴がリアルタイムを上回る

アニメ・声優 公開日:2020/02/27 8
この記事を
クリップ

株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島秀介)は、2019年1月~12月放送の地上波アニメ番組約200タイトルの視聴者に関する調査結果・分析をまとめた『アニメマーケティング白書 2020』を2月27日に発売する。



『アニメマーケティング白書 2020』では、国内のアニメ視聴者は約3,515万人と、日本の人口(5~69歳)9,457万人のおよそ37%と推測。20代以降のアニメ視聴者が増加し、年代別では40代の視聴者が最多となっている。なお、アニメの視聴スタイルにおいては、タイムシフト(録画)が53%、リアルタイムが47%と、タイムシフトでの視聴が多い傾向にある。


また、アニメの満足度について5段階評価でアンケート調査を実施し、最高評価である“非常に満足した”と回答した人数から満足度比率を割り出した。

2019年に放送されたアニメでは、大人気漫画作品を原作とした『鬼滅の刃』が満足度1位を獲得。視聴者の約半数(48.9%)が“非常に満足した”と回答している。2位は『進撃の巨人 Season3』、3位は『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』と、ロングランタイトルが上位を占める結果となった。

また、2019年放送アニメの満足度ランキング1位となった『鬼滅の刃』の視聴者数推移を調査した結果、第1話の放送と最終回の放送で視聴者数が約140万人増加したことが明らかに。 本作品は視聴者の満足度が高く継続して視聴されていること、また新たなファンを取り込んでいることが伺える。

そのほか本書では『鬼滅の刃』をはじめとする、2019年地上波放送の主要アニメ186タイトルの男女比や年齢帯など、視聴者の実態に迫る詳細なデータも掲載している。



【2019年放送アニメ 満足度ランキング】
順位:タイトル/満足度比率
1位:鬼滅の刃/48.9%
2位:進撃の巨人 Season3/41.5%
3位:ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風/40.4%
4位:からかい上手の高木さん2/37.0%
5位:彼方のアストラ/36.5%
6位:ハイスコアガール/36.2%
7位:Dr.STONE/35.3%
8位:風が強く吹いている/34.3%
9位:ヴィンランド・サガ/33.9%
10位:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~/33.9%


出典:アニメマーケティング白書 2020

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)