伊藤美来『アイマス』オーディションは「この子で受けたい」自身で決めた役

アニメ・声優 公開日:2020/02/19 35
この記事を
クリップ

──同じ2013年、豊田萌絵とともに声優ユニットのStylipS(スタイリップス)に新メンバーとして加入することになる。


「StylipSは憧れのユニットだったので、新メンバーとして加入することになったときは、喜びよりも「私には荷が重い」という恐れのほうがずっと大きかったです。実際に入ってみると、歌って踊ることはもちろん、できないことばかりで、最初は辛いことばかりでした。先輩方にもたくさん迷惑をかけたと思いますし、毎日、泣きながら帰る日々でした。

でも、あのときに厳しく指導していただいたからこそ、今の私があると思っているんです。歌とダンスの基礎をたたき込んでいただきましたし、メンタル面でも強くなれて、その後の仕事につながっていきました」


このあと、声優は「もう少し裏方寄りの仕事だと想像していた」伊藤が、表舞台に出ると同時に感じた楽しさや、ソロデビューの話が来たときの率直な気持ちなどを明かしている。気になる続きはアニュータで。


【ANiUTaへはこちらから】
>iOS の方
>Android の方


▼第1回インタビュー記事

伊藤美来、新曲で意識したのは“神目線”「言い過ぎですけど(笑)」

▼第2回インタビュー記事

「うたプリ」きっかけ?伊藤美来が声優を目指した理由


伊藤美来 ANiUTa「マンスリーアーティスト」特集ページ

https://aniuta.co.jp/contents/293392


ⒸANiUTa 2017 Co.,Ltd.

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)