斉藤壮馬 キメ顔連発、食レポで殺し文句も…「カッコ可愛すぎる」と大反響

アニメ・声優 公開日:2020/02/12 12
この記事を
クリップ

AbemaTVの「アニメLIVEチャンネル」にて、2月10日(月)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび【月:安元洋貴×江口拓也】 #43 斉藤壮馬がゲストに出演!』が放送された。本放送では斉藤壮馬をゲストに迎え、さまざまな場面の“相棒”を挙げる「相棒を決めろ!」や、NGワードを避けて食レポを行なう「NGワード食レポ」をはじめ、月曜恒例の「視聴者投稿!10秒アフレコ」や「味深ワード」などのコーナーを行った。




ゲストとして出演した斉藤は、MCの安元と江口と親しい仲であり、これまでの放送で幾度も「来てほしいゲスト」のひとりとして名前があがっていた。斉藤自身も「おふたりにも、ずっと“出たいです!”と言い続けて、念願がかないました。めっちゃ楽しみです!」とオープニングトークから嬉しそうな笑顔を見せた。

放送内では先週から始まった新コーナー「NGワード食レポ」を実施。食レポの担当者とNGワードの設定者に分かれ、設定者が考えた非公開のNGワードに触れないよう食レポを行う、というコーナーだ。

最初は手本として安元が食レポ側を担当し、絶品の「海鮮ミルフィーユ丼」をレポート。江口と斉藤は安元の性格や口癖から「プリプリ」「生きてる」「あきらめない」と3つのNGワードを設定。しかし安元は「ビューティフォー」「テイスティ......!」と英語を使って表現する作戦に出て、NGワードを回避することに成功する。

続いて斉藤が人気スイーツの「イチゴシャンデ」の食レポに挑戦。安元と江口がNGワードを考えている間はヘッドホンを着用して目を瞑っているルールだが、音楽にノってみたり、顔に手を当ててポーズをとってみたりと、視聴者へのサービスを欠かさない。食レポが始まる前にもチョコレートの前でポーズをとる斉藤に、思わず安元は「そういうCMありそうなんだよな!」とツッコミを入れる。肝心の食レポは、「頭からつま先まで薄紅色の物体(イチゴ)が詰まっています」「まずは口づけを交わさせていただきたいと思います」「まず酸味。何事も出会いの最初は酸っぱいものです。しかし、その後にくる甘味が非常にマッチしている」と多彩な表現を用いた見事な表現。最後のコメントを求められた斉藤は「スキだよ......」と殺し文句も披露し、NGワードを完全に回避。「いっぱい/たいへん/マッチング」というNGワードが公開されると、「運に助けられましたね」と胸をなでおろした。

放送内では他にも「相棒を決めろ!」や「視聴者投稿!10秒アフレコ」「味深ワード」など月曜日の恒例コーナーを楽しんだ斉藤は、随所でカメラへ向けてキメ顔を披露し、視聴者から「かわいぃぃ」「カッコ可愛すぎる」「萌え袖えぐい......」「斉藤壮馬最高~~~」というたくさんのコメントが寄せられた。

90分の生放送を終えた斉藤は、「本当に来られて嬉しかった。めっちゃ嬉しかったです!」「あっという間ですね......」と放送を振り返り、「今回できなかったコーナーもあるので、また来たいです!」と語った。

(C)AbemaTV

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)