杉山紀彰、川澄綾子ら豪華キャストが『Fate/stay night』の名場面を振り返る

アニメ・声優 公開日:2020/02/05 5
この記事を
クリップ

1月30日に特別番組『Fate/stay night 15周年記念アベマ特番』(AbemaTV)が放送され、声優の杉山紀彰、川澄綾子、植田佳奈、諏訪部順一、下屋則子、浅川悠、門脇舞以、中田譲治と、MCの岩井勇気(ハライチ)が『Fate/stay night』の軌跡やアニメの名場面を振り返った。



門脇の隣には巨大なバーサーカーパネルと“バーサーカー台詞ボタン”が用意され、4組のマスター&サーヴァントと監督役が集まり、視聴者からも「すげ~~」「こんな光景、滅多に見られないぞ……」と興奮したコメントが寄せられた。

『Fate/stay night 15周年年表』のコーナーでは、司会の岩井から『Fate/stay night』が愛され続けてきた理由を訊ねられた杉山が、「キャラクターたちがそれぞれ目的や性格、価値観がはっきりしている」「主人公じゃないサイドだから敵、ということじゃなくて、相手には相手の正義や理想がある、という物語性やキャラクターの奥深さなんじゃないかな」と語った。川澄は“英霊召喚”について触れ「過去の英雄を呼び出せるって、可能性が無限だなって最初に感じました」とはじめて『Fate/stay night』の内容を知った時のことを振り返った。

また、テレビアニメ『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』での遠坂凛の名場面を振り返った植田は「こうやってみると、ちょっと恥ずかしいですね。ふたり(士郎と凛)とも初々しすぎて!」と恥ずかしそうに笑った。また、作中で描かれたイリヤとバーサーカーの出会いにシーンについて、門脇は「(イリヤとバーサーカーが絆を深める)雪山のシーンは心の中にしっかり残っている」と強く印象に残っていることを明かした。また、士郎とアーチャーとの関係について、諏訪部は「最初に知った時はすごい話だなと思いました。いったい、何があればこんな変声期を迎えるんだろうって」と冗談で周囲を笑わせつつ、特別な因縁を持つ士郎とアーチャーとの演技を楽しんでいたことを振り返った。


⇒次ページ:『Fate/stay night』15年を共にした仲間との楽しい時間を振り返る

 

1/2ページ