花江夏樹、今年進化したいのは人との距離感「二回目くらいで仲良く」

アニメ・声優 公開日:2020/02/04 11
この記事を
クリップ

声優の花江夏樹が4日、都内で行われたアニメーション映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(2月21日公開)の完成披露上映会に松岡茉優、坂本千夏、田口智久監督と参加した。





“今年進化したいこと”を聞かれた花江は「声優としての進化じゃないけれど…」と照れつつ「僕は人に対して壁を作りがちなところがあって。初対面の方と上手く距離を詰められないので、今年は会って二回目くらいで仲良くなるのが目標」と切実な抱負。松岡から「一回目ではないんですね?」と指摘されると「いつもはもっとかかるので。一回目は…今年は無理かなぁ」と人見知りをぶっちゃけていた。


携帯型デジタルゲームをアニメ化した『デジモンアドベンチャー』の20 周年記念作品。花江は「スタート当時のリアルタイムで小学生だった人たちは、今大人になってお金が沢山使えて嬉しいですよね!思う存分、誰にも怒られずに買えるのは素晴らしい!」と客席を埋め尽くす“大きいお友達”を煽っていた。


2015 年の『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズから主人公・八神太一を演じてきた花江は「僕はこれまで6章をやらせてもらい、今回の『絆』はその集大成です。長い時間をかけて同じ役をやるのは珍しいことですし、長く積み重ねてきた太一が大人になって最後どう決断するのかが見どころ」とアピールした。


また“大人を実感する瞬間”について聞かれると「まだまだずっと子供でいたい」と本音をこぼしながら「仕事終わりのビールは美味しいですよね。打ち上げで千夏さんとワインをベロンベロンになるまで飲んで『これからも宜しく!』と最終的に抱き合いました」と飲みニケーションで大人を実感しているようだった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)