田所あずさ 「あずさ2号」というバンド名は有無を言わさず私が…

アニメ・声優 公開日:2019/12/18 4
この記事を
クリップ

声優、アーティストとして活躍する田所あずさが、アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」に登場。ドワンゴジェイピーnewsでは、インタビュー未公開カットとともに、記事の一部をお届けする。(TOP画像は独占カット!)今回は第3回となる。




──2015年9月リリースの2ndシングル「君との約束を数えよう」で、初めて自分がやりたい音楽を実現することができた田所あずさ。カップリング曲の「Straight Forward」では、作詞にも初挑戦した。


「もともとは作詞をするつもりはなかったんですけど、デモを聴いた瞬間に部活をやっていた頃の記憶が甦ってきて、これは自分で歌詞を書きたいと思えた曲だったんです。書けるかどうか分からないけど、挑戦してみたいとプロデューサーに伝えたら、OKをいただけました」


──「Straight Forward」の作曲者は堀江晶太。さらにレコーディングには、神田ジョン(ギター)、SHiN(ドラム)が参加している。神田ジョンは、今では田所あずさのライブには欠かせない人物だ。サポートバンド「あずさ2号」のバンマスであり、ライブではMCを担当することも多い。


「ジョンさんはもともと私のプロデューサーの友達で、しかも私の曲の「弾いてみた」動画をネットにアップしてくださっていたんですね。こんな人がいるんだよって、プロデューサーに紹介してもらったのが出会いだったと思います。初対面のときの印象は、赤髪だなあって(笑)。音楽に対して熱い情熱を持っていて、私に対してもサポートに徹するのではなく、積極的に一緒に取り組んでくださるという印象がありました」


──2016年7月には2ndアルバム『It's my CUE.』をリリース。『Beyond Myself!』とは打って変わって、ロック色を前面に押し出した1枚になった。彼女が目指した、「かっこいい」音楽がここには詰まっていた。


「かっこいいって言っていただけて嬉しいです。11月10日のライブのセトリを決めるために久々に聴き直したんですけど、今もファンのみんなに愛されている曲がたくさん入っていて、アルバム全体のまとまりもよく、我ながらいいアルバムだなって思いました(笑)。タイトルは海外ドラマを観ていて気に入った言葉で、「私の出番だ」という意味なんですが、その通りの1枚になったと思います。この先は、どんどん私がやりたいことを形にできるようになっていきました」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)