島﨑信長・斉藤壮馬ら『ふりふら』出演決定、映像&ビジュアルも解禁

アニメ・声優 公開日:2019/12/10 10
この記事を
クリップ

咲坂伊緒が描いた大人気少女コミック『ストロボ・エッジ』と『アオハライド』。2014年に『アオハライド』が実写映画化&テレビアニメ化、15年に『ストロボ・エッジ』が実写映画化されると、ティーンを中心に社会現象となり、咲坂伊緒の世界に日本中がときめき、青春した。そして2020年、両作の系譜を継ぐ「咲坂伊緒 青春三部作」の最終章、累計部数500万部を突破する『思い、思われ、ふり、ふられ』が満を持して映像化。史上まれにみるアニメーション&実写での連動W映画化プロジェクトが始動。この度、アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の公開日が2020年5月29日(金)に決定した。※実写版『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年8月公開予定。


アニメーション制作は、大ヒット作品『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』のA-1 Pictures。監督には『舟を編む』(第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞)の黒柳トシマサ。ときめきや切なさといった細やかな感情をアニメの魔術でドラマチックに描ききる。そして脚本には『ヒロイン失格』、『センセイ君主』、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』など数々のヒット作を手掛けてきた吉田恵里香。音楽を担当するのはスタジオジブリ作品『耳をすませば』、『猫の恩返し』などの音楽を担当し高い評価を受けている野見祐二。

そして、本作のキャラクターに命を吹き込む声優陣も豪華な顔ぶれが揃った。恋愛に対して現実的で積極的だが、実は自分の本当の気持ちを出すのが苦手なヒロイン【山本朱里】に『HUNTER×HUNTER』ゴン=フリークス役、『リトルウィッチアカデミア』アツコ・カガリ役など人気作に出演し『第11回声優アワード』で助演女優賞を受賞した潘めぐみ。朱里の義理の弟で、ある葛藤を抱える【山本理央】を演じるのは『Free!』七瀬遙役、『ブラッククローバー』ユノ役など、幅広い作品に出演し2013年『第7回声優アワード』で新人男優賞を受賞した島﨑信長。由奈の幼馴染で真っ直ぐな好青年だが、どこか周囲を冷静に見てしまう【乾 和臣】を演じるのは『第9回声優アワード』で新人男優賞を受賞し、現在は歌手活動も精力的に行うなど活躍の幅を広げる斉藤壮馬と、人気・実力を兼ね備えた豪華キャスティングが実現した。さらに、潘演じる朱里とWヒロインとなる【市原由奈】を、オーディションにて満場一致で選ばれた大注目の新人声優、鈴木毬花が務め、夢見がちで恋愛に対して消極的な由奈という役を丁寧に演じる。

加えて、ティザービジュアルと特報映像も解禁となった。特報映像では等身大の本当の気持ちと、相手を傷つけたくないという想いの間で揺れ動く4人の姿が、繊細な映像で表現されている。印象的な台詞も並び「誰だって傷つきたいわけじゃない」「傷つけたいわけじゃない」「なるべく笑って過ごしたい」「いつだってそのための選択をしているはず」「みんなが幸せになれる方法があればいいのに」と、これから4人に訪れる切ない恋の行方が気になる仕上がりとなっている。そして、ティザービジュアルでは物憂げな表情で何かを見つめる理央、屋上から遠くを見つめる和臣、美しい桜の下でこちらを振り向く朱里と由奈の姿が描かれている。



4人の高校生の過ごす、青春時代の何気ないようで特別な時間。等身大の主人公たちが繰り広げる恋模様と、毎日の中で自分自身・他者と向き合いながら成長していく姿を瑞々しく描いた、新たな青春恋愛映画の金字塔が誕生する。


<潘めぐみ/山本朱里役 コメント>

咲坂先生の描く世界観に携われる…心から光栄に思います。特報では、繊細で情感溢れる映像と音楽に乗せて、原作に幾度と登場するあのモノローグが、由奈、朱里、理央、和臣と紡がれていき、とても印象的で。タイトルも、一つの言葉に余韻があって…募っていくものを感じました。朱里の想いを大切に育んでいきますので宜しくお願いします。


<鈴木毬花/市原由奈役 コメント>

小学生の頃から咲坂先生の作品が大好きで、この作品は親子で読んでいました。由奈役に決まったと聞いたとき、嬉しさと共に不安が湧いてきましたが、私が演じることでより良い作品にしたいと思いました。由奈は純粋で自分に自信が持てない女の子ですが、しっかりとした芯を持っています。朱里ちゃんと理央くんと出会い、どんどん成長していく由奈の変化を意識して演じたいと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)