小野大輔、映画「デジモン」ゲスト出演決定に感激

アニメ・声優 公開日:2019/12/04 4
この記事を
クリップ

「デジモン」シリーズ20周年記念作品にして、“八神太一とアグモンたち”の最後の物語が描かれる『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(2020年2月21日公開)のゲスト声優として松岡茉優と小野大輔が出演することが決定した。


『万引き家族』、『蜜蜂と遠雷』、『ひとよ』等、数々の話題作でその存在感を発揮する松岡茉優が本作で演じるのは、映画オリジナルキャラクターで、ニューヨークの大学でデジモンの研究を行う科学者のメノア・ベルッチ。「デジモン」が大好きだった松岡は、オファーの話を聞いた瞬間叫んでしまうほど嬉しかったと語り、「デジモン」を「“優しさ”や“強さ”、“痛み”を教えてくれた“私を作ってくれた作品”です。」と、熱いコメントを寄せた。




松岡がアニメの声優を務めるのは『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』(2016年)、『映画 聲の形』(2016年)、『バースデー・ワンダーランド』(2019年)に続き4作目。すでにアフレコを終えており、本作の田口智久監督は「収録が始まってすぐに松岡さんの中にメノアがいるように感じました。松岡さんの収録を終えた時、メノアというキャラクターに命の火が灯ったように感じました。」と、その表現力を絶賛。 プロデューサーの木下陽介も「メノアに必要なすべての要素を満たしていた」と自信を覗かせます。 松岡は本作のストーリーについて「子どもの時にTVシリーズを毎週楽しみに見ていた人たちが「こういうデジモンが観たかった!」と思える要素が多く散りばめられています」と、ファンの期待に応える作品であることをアピールした。

さらにもう一人のゲスト声優として、メノアの助手・井村京太郎を演じるのは『ジョジョの奇妙な冒険』空条承太郎役や『進撃の巨人』エルヴィン・スミス役などを務める声優の小野大輔の出演が決定。デジモンへの出演に対して小野は「長く愛される、歴史あるシリーズに参加させていただけることに感激しています。」とコメントしている。

ゲストの2人が演じるメノアと井村は、太一とアグモンたち“選ばれし子どもたち”の周囲で勃発するある事件を追って太一たちの前に現れる。一緒に事件を追う中で、太一たちに明かす「選ばれし子どもたちとデジモンの関係性の秘密」とは一体・・・?2人が物語にどう絡んでくるのか、期待が高まる。


<松岡茉優 コメント全文>
「デジモン」は幼い頃から大好きでしたので、出演のお話を頂いた時は思わず叫んでしまう程嬉しかったです。ヤマト君に恋をし、空ちゃんみたいな女の子になりたいなと憧れ…ビデオテープが擦り切れる程繰り返し見ました。“優しさ”や“強さ”、“痛み”を教えてくれた“私を作ってくれた作品”です。私が演じたメノアはテキパキ仕事ができる、快活で気持ちのいい女性ですが、子どもから大人になる葛藤など、様々な思いを抱えている女性です。出演させていただけるありがたさを噛みしめながら、田口監督ともディスカッションをして、納得のいくまでお芝居をさせていただきました。今作は監督を始め、多くの「デジモンアドベンチャー」世代の方々が制作に関わっていらっしゃいます。なので私のように、子どもの時にTVシリーズを毎週楽しみに見ていた方たちが「こういうデジモンが観たかった!」と思える要素が多く散りばめられています。 是非沢山の方にご覧いただき、懐かしい、嬉しい、悲しい、感動の涙を流していただきたいです。そして、この映画から、皆さんとデジモンの“絆”を感じていただけるのではないかと思っています


<小野大輔 コメント全文>
20周年おめでとうございます。長く愛される、歴史あるシリーズに参加させていただけることに感激しています。デジモンの主役は子供たち。子供たちとデジモンたちの絆が頼もしく、そして見守る大人としてその輝きを眩く感じました。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)