紅白初出場決定のLiSA、最新曲MVは大人の男女の別れや悲哀をドラマ仕立てで表現

アニメ・声優 公開日:2019/11/22 5
この記事を
クリップ

今年の大晦日に放送の「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場が決定したLiSAの、12月11日に発売の16枚目のシングル『unlasting』のミュージッククリップが、YouTubeで公開された。





LiSAは、今年リリースしたTVアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマ最新シングル『紅蓮華』が2019年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初めて、30万ダウンロードを達成し(2019.9.22付 レコード会社調べ)日本レコード協会有料音楽配信認定にて「プラチナ」を獲得。11月現在、そのダウンロード数は39万を突破、毎日その数字を伸ばしており、間もなく40万ダウンロードに届く勢いだ。YouTubeにて公開されている『紅蓮華』のミュージッククリップも1000万再生を突破、2019年のアニソンシーンを牽引する1曲になっている。

10月21日より、TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のエンディングテーマに起用されているLiSAの最新曲『unlasting』が、シングルリリースに先駆けてフル配信スタート、国内・海外同時配信スタートするやいなや、各配信ストアのリアルタイムチャート・デイリーチャートの上位を席巻。

アジア圏iTunesのJ-POPジャンルのチャートでは、マレーシア、フィリピン、香港、台湾、マカオなどで首位を獲得。さらにKKBOX台湾J-POP新曲チャートデイリー1位(10/23-11/3)、KKBOX台湾J-POP新曲チャート週間1位(10/25-10/31)、QQ Music J-POP週間チャート1位(10/24-10/30)など海外大型配信ストアでも首位を獲得。国内・海外を問わず、LiSAの歌声が拡がっている。


そして今回公開された『unlasting』のミュージッククリップは、LiSAのミュージッククリップとしては異色な、大人の男女の別れや悲哀を表現した、映画チックなドラマ仕立てのストーリーに仕上がっている。このミュージッククリップは、シングル『unlasting』の初回生産限定盤に同梱されるDVDに収録される。

LiSAは来年3月から初のアコースティックでの全国Zeppワンマンライブツアー「LiVE is Smile Always~unlasting shadow~」の開催も決定。

世界中で多くのファンを魅了するTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」も、まだまだ物語は続く。エンディングテーマ『unlasting』と共に、の主人公たちを取り巻く運命のストーリーに期待したい。


この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ