“孤高のディーバ” LiSA『紅白歌合戦』初出場「私らしい“ライブ”をお届けできれば」

アニメ・声優 公開日:2019/11/15 11
この記事を
クリップ

14日、大みそか放送の『第70回紅白歌合戦』の出場全41組の歌手が発表された。

今年の初出場は、白組がKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnu、紅組がLiSA、Foolin、日向坂46の8組となった。

発表当日、NHKで行われた恒例の初出場組の会見では、LiSAも登壇した。




LiSAは、紅組を意識した赤と黒のタータンチェックのジャケットに、真っ赤なロングスカートで登場。「今日まで応援してくださった世界中のファンのみなさん、そして紅白歌合戦で初めてLiSAをご覧いただくみなさんにテレビを通して私らしい“ライブ”をお届けできればと思います」とあいさつした。

LiSAは2011年にソロデビュー、TV アニメ『Fate/Zero』、『ソードアート・オンライン』、『魔法科高校の劣等生』など数々の人気アニメ作品の主題歌を担当し、国内のみならず世界中にてヒットを記録。さらに2017年2月に担当した『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌が大ヒットした。圧倒的な熱量を持った歌唱力は、アニメファンのみならず幅広い層の支持を集めている。

LiSAは97万人を超えるフォロワーがいるTwitterに「また一つ大きな夢が叶う瞬間をどうか一緒に大晦日見届けてね」とメッセージを贈った。ファンからは早速「初出場ほんとにほんとにおめでとうっ!٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪ 期待しかしてないよーっ!(((o(*゚▽゚*)o))) 」「でらおめでとう〜っ!!!🥳🎉感動しすぎて泣いちゃいました🥺ついに念願を果たしましたね!😭」「٩(๑>∀

紅白本番では、どんなエネルギッシュなパフォーマンスを見せてくれるのか、大いに期待したい。

この記事の画像一覧 (全 7件)