茜屋日海夏、i☆Ris最終審査でまさかのトラブル「審査員の方の顔が…」

アニメ・声優 公開日:2019/11/13 4
この記事を
クリップ

今年、デビュー7周年を迎えたi☆Ris。

アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」に登場している。6人のメンバーそれぞれに話を聞いていくマンスリー・インタビューの2週目には、“ひみたす”こと茜屋日海夏が登場。ドワンゴジェイピーnewsでは、インタビュー未公開カットとともに、記事の一部をお届けする。(TOP画像は独占カット!)




「私も小さい頃から芸能の世界に入りたいなと思っていました。さきさま(山北早紀)目立つのが苦手だったと言ってましたが、私は逆に猪突猛進タイプで、学芸会の劇でも「私、主役やります!」って立候補してましたね。舞台やミュージカルが好きで、実際に劇場で観たり、家でビデオで観たりしていて、とにかくお芝居がやってみたかったんです。中学生になっても芸能界の憧れはずっと持ち続けていて、進路希望の学校に提出するときも、東京の芸能コースがある高校の名前を書いていました(笑)」


──アニメへの興味は、どうだったのだろうか。


「小学生の頃は『ポケットモンスター』とか『おジャ魔女どれみ』とか、みんなが見ているような作品を見ていました。濃いアニメファンだったという時期はなくて、ずっと子供向けのアニメが好きでしたね。それは今でも変わってなくて、i☆Risとして活動を始めてからも、ずっと子供向けの作品に出たいなって思っていました」


──高校生になる頃には、いくつものオーディションにチャレンジしていた。


「声優系ではなく、若い女の子のタレント募集みたいなオーディションを中心に受けていました。そんなとき、ネットサーフィンで見つけたのが『アニソン・ヴォーカルオーディション』だったんです。柴咲コウさんのような、歌手活動もしている女優さんに憧れていて、私も歌をやりたいなって、ずっと思っていたので、これは歌手を募集しているオーディションなのかなと、応募してみました。最初は親に内緒だったんです。だから準備にお金をかけられなくて、応募写真も携帯で自撮りしました(笑)」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)