LiSA、アニメ「ソードアート・オンライン」EDテーマのジャケット画像公開

アニメ・声優 公開日:2019/11/01 5
この記事を
クリップ

4月~9月まで放送されたTVアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマ最新シングル「紅蓮華(ヨミ:グレンゲ)」が2019年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初めて、30万ダウンロードを達成し(※2019.9.22付 レコード会社調べ)、日本レコード協会有料音楽配信認定にて「プラチナ」を獲得したLiSA。11月現在、そのダウンロード数は36万を突破、毎日その数字を伸ばし続けている。

10/21(月)より、TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のエンディングテーマに起用されているLiSAの最新曲『unlasting』が、シングルリリースに先駆けてフル配信スタート、国内・海外同時配信スタートするやいなや、各配信ストアのリアルタイムチャート・デイリーチャートの上位を席巻。アジア圏iTunesのJ-POPジャンルのチャートでは、マレーシア、フィリピン、香港、台湾、マカオなどで首位を獲得した。
12/21(水)にLiSAの16枚目のシングルとしてリリースとなる『unlasting』の、ジャケット画像が公開となった。
これまでに発表したLiSAのビジュアルワークはカラフルでPOPな作品が多い中、今作『unlasting』の世界観を表現したモノクロのLiSAが目を引く通常盤、あえてシンプルにタイトルのみをジャケットにあしらった初回生産限定盤、そしてTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」描きおろしイラストを使用した期間生産限定盤の3形態でのリリースとなる。期間生産限定盤には、描きおろしイラストのフルサイズのミニポスターも同梱される。
本日よりLiSAのオフィシャルサイトも『unlasting』のビジュアルワークを使用した仕様にリニューアルしている。




LiSAは来年3月から初のアコースティックでの全国Zeppワンマンライブツアー「LiVE is Smile Always~unlasting shadow~」の開催も決定。
世界中で多くのファンを魅了するTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」も、まだまだ物語はスタートしたばかり。エンディングテーマ『unlasting』と共に、の主人公たちを取り巻く運命のストーリーに注目だ。

【LiSAからのコメント】
「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のEDを担当させていただきます。LiSAです。
《アリシゼーション》編の一番最初のOPには、輝く未来を願った「ADAMAS」を。
そして、残された彼らの悲しみが、永遠に続かない事を願って「unlasting」を新章のEDに添えさせていただきます。
大切な人が、せめてどこかで同じ気持ちで居てくれますように。




<LiSA’s Profile>
LiSA (読み:リサ) 岐阜県出身、6 月24 日生まれ。
'10年春より放送されたTV アニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster(通称:ガルデモ)」2 代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、ガルデモ名義でのシングル・アルバム累計40万枚以上をセールスし、人気を集める。
'11 年春にミニアルバム「Letters to U」にてソロデビュー。
その後、TV アニメ「Fate/Zero」、「ソードアート・オンライン」、「魔法科高校の劣等生」など数々の人気作品の主題歌を担当し、国内のみならず世界中にてヒットを記録。
2018年5月には初のベストアルバム「LiSA BEST -Day-」「LiSA BEST -Way-」を2タイトル同時リリース、オリコン週間アルバムランキング(5/21付)にて1位・2位を独占した。
2019年4月に配信開始した楽曲「紅蓮華」は、配信直後に数々のデイリーチャートを席巻、配信デイリーチャートにて38冠を達成。iTunes週間ソングランキングでは初登場第1位、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(5/6付・5/13付)にて2週連続で1位を獲得し、平成最後・令和最初の週間デジタルシングル(単曲)で首位を獲得。9月には2019年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初めて30万ダウンロードを突破し、日本レコード協会の有料音楽配信認定にて「プラチナ」を獲得した。
また、圧倒的な熱量を持つパフォーマンスと歌唱力、ポジティブなメッセージを軸としたライブは瞬く間に人気を集め、次々と完売公演(日比谷野外大音楽堂、日本武道館、幕張メッセ、横浜アリーナ2days、さいたまスーパーアリーナ2daysなど)を記録。アニソンシーンにとどまらず、数多くのロックフェスでも活躍するライブアーティストとして、その存在感を示している。
座右の銘:今日もいい日だっ。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ