江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬が歌う“エモい”主題歌、注目は3人のハーモニー

アニメ・声優 公開日:2019/10/25 8
この記事を
クリップ

2019年7月からTOKYO MXで放送され、大好評のうちに放送終了した『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』。この番組は、声優・斉藤壮馬が豪華ゲストとともに“和心”を探究し、日本文化の魅力を再発見していく番組、通称『そま君』の第2期。

番組主題歌はTバッカーズ(江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬)が歌う『幻想夏祭り』(作詞・作曲:黒石ひとみ)。ミュージックビデオには斉藤も出演し、DVD第1巻に特典映像として収録されている。そして第1巻と本日発売の第2巻には、撮りおろし特典映像として、岡本信彦をゲストに迎えた「岡本信彦と和心を探究」が収録されている。

そんな盛りだくさんな第1巻と第2巻の発売を記念し、番組主題歌を歌う江口、西山、斉藤のオフィシャルインタビューが到着。さらに斉藤からはミュージックビデオ出演の感想も届いた。


<斉藤壮馬&主題歌『幻想夏祭り』を歌うTバッカーズ(江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬)オフィシャルインタビュー>





――今回のミュージックビデオ撮影で、注目してほしいシーンがあれば教えてください。

斉藤:今回は浴衣を2着ご用意いただいて、いろいろなシチュエーションで撮っていただきました。まだ完成版を見ていないので「ここが見どころです!」と断言はできないんですが、前回同様、和を感じる雰囲気に仕上げていただけると思います。個人的に印象に残っているのは、座敷で寝っ転がっているシーンですね。癒し大王の存在感が強くて……(笑)。でも大王がいるのを見ると、『そま君』も大王グループなんだなとあらためて思えて嬉しかったです。それと、ベンチでお茶やお菓子をいただくシーンがあって、そこも好きでした。ちょっとした旅気分を味わえました。

――監督によると、今回のコンセプトは“夏祭りデート”とのことですが、もし斉藤さんがデートをするとしたら、どんなふうに彼女をエスコートしたいですか?

斉藤:王道なデートをしてみたいですね。浴衣を着て、一緒に花火大会に行って、手をつないで……みたいな。僕ももう大人なので、花火の見える高級レストランとかのほうがいいかもしれませんが(笑)、お祭り自体が好きなので、屋台で飲み食いしたいです。でも何より“友達とお祭りに行く”という青春群像劇っぽいものに憧れがあるので、お祭りに行くとしたら彼女とデートというよりは、仲のいい人たちとわいわい遊びに行きたいですね。


――続いて、楽曲についてお伺いします。今回もTバッカーズとして、江口さん、西山さん、斉藤さんの3人で歌われましたが、感想や聴きどころを教えてください。

斉藤:最初に楽曲をいただいたときは耳馴染みのいい曲だと思ったんですが、けっこう音階がいったりきたりして、難易度は高かったです。でもそこが幻想的な部分でもあるので、力まずにしっとりと歌うことを心がけました。歌詞もメロディも放送時期(7~9月)にぴったりで、すごく素敵な楽曲ですよね。

江口:『そま君』の雰囲気に合っていて、全体的に和テイストなところがエモくて好きです。聴きどころはやっぱり3人で歌っているところのハーモニーですね。僕もまだ3人の声が重なったものは聴いていないので、楽しみにしています。

西山:僕もTバッカーズの声色が合わさったところが聴きどころだと思います! 今回は壮馬が上パート、江口さんと僕が下パートを歌っているんです。サビのラストとか、要所要所でハモっているので、そういう部分もぜひ聴いていただきたいです。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)