寺島惇太、主役のはずが…“寺島ガチ勢”の「営業妨害」で大盛り上がり

アニメ・声優 公開日:2019/10/18 9
この記事を
クリップ

声優の寺島惇太の2ndミニアルバム『JOY source』が10月23日に発売される。それに先立って10月14日、ニコニコ生放送で『寺島惇太 2ndミニアルバム「JOY source」発売記念スペシャル supported by animelo mix』が配信された。番組MCは寺島の事務所の後輩であり、“寺島ガチ勢”の新人声優・宮瀬尚也が務め、アルバムの制作秘話についてトークを繰り広げたほか、先輩後輩の息のあった軽快なやり取りでファンを楽しませた。




■後輩・宮瀬は初めてのニコ生

時刻は午後9時になり、番組がスタート。開口一番、寺島が「ジョイ~ス!オラ寺島惇太、31歳だ!よろしくなっ!」と謎のテンションで挨拶すると、宮瀬は「まさか…そんなオープニングだとは思いませんでした…」と苦笑い。寺島から「宮瀬がニコ生初めての出演だからテンションあげてんだよ」と聞かされると、嬉しそうに笑い「惇太さんの魅力をたっぷりお届けできるように、いちゅも(いつも)以上に頑張ってまいります!」と意気込むも、さっそく噛んでいた。


■次作タイトルはまさかの“家系ラーメン”!?

最初のコーナーは『JOY source』に込められた思いなどをクロストークしていく。まずはジャケットについて。寺島は今年3月27日にアーティストデビューして以降“紫色”をイメージカラーに据えてきたが、今作の初回限定版には黄色が採用されている。




「初回限定版を作るにあたってサンプルをもらった時、紫も候補にあったけど今回のジャケット写真や収録曲には黄色が合うなって。紫ばっかりでもアレなので…」と寺島。さらに「この前判明したんですが、僕のラッキーカラーは黄色。それを活かしていこうかなって。紫は…何もなかったです、普通の色でした(笑)」とまさかの結果を明かしていた。


デビューミニアルバムのタイトルは『29+1 -MISo-(ミソ)』で、今回は『JOY source(ジョイソース)』。そのタイトルにした経緯については、「1枚目は三十路(みそじ)になったので“みそ”。なので調味料シリーズでいこうと思って『塩』とか『マヨネーズ』とか色々考えたのですが理由付けができなかった。一旦調味料から逃げて、“楽しい”という意味の“JOY”を選んだ。言葉の響きがよかったので」。


しかし、“JOY”のみでは他作品と混同する可能性もあることから「何か付け足そう」となり、最終的に“醤油”に似た『JOY source』に決まった。「調味料シリーズにもなるし、JOYも入っているし、いいんじゃないか」と満足げだ。宮瀬が「このままいくと3rdが楽しみ」と次なる調味料シリーズに期待すると、寺島は「2枚シリーズを続けたからもう逃れられないよね。調味料じゃなくてラーメンシリーズにハンドルを切るかも…。家系ラーメンにかけて次は“HOME”にしよう!“HOME”ご期待ください!」と笑わせた。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 29件)