神谷浩史、爆速セリフにツッコミ「監督が張り切ってしまっているようで…」

アニメ・声優 公開日:2019/10/12 13
この記事を
クリップ

Netflixでは、生まれつき超能力を持つ高校生・斉木楠雄の日常を描く、爆笑! 超能力(*サイキック)コメディ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』をNetflixオリジナルアニメシリーズとしてこの冬、全世界独占配信する。


麻生周一 原作の漫画『斉木楠雄のΨ難』が、3シーズンのテレビアニメ化を経て、Netflixオリジナルアニメとして全世界へΨ始動。新キャラクターも加わり、さらに早くなったセリフスピードは圧巻。どこから見ても爆笑必至の決定版となっている。この度、新キャラ情報とティザービジュアル、アフレコ写真が到着した。

主人公の斉木楠雄を演じる神谷浩史は今作について、「もはやアフレコで楽しそうにしているのは監督だけになりました」と“おそらく過去最高”に早いセリフにツッコミをいれつつ、「ここまで映像化してもらえるなんて…かつてこんなに幸せな作品があっただろうかと、有難い気持ちでいっぱいです!」と喜びの声をあげている。

そして今回のΨ始動編で新たに登場する新キャラクター2名の情報が発表された。

【井口 工(いぐち・たくみ)】を演じるのは、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』(グイード・ミスタ役)や、『黒子のバスケ』(若松孝輔役)など数多くの人気作に出演している鳥海浩輔。優秀な教師だが、スケベ顔ゆえに変態と勘違いされる【井口 工】について、「彼は非常に真面目で生徒たちの事を常に考えている、熱心で素晴らしい教育者だと思います」とコメントを寄せており、本編でどのような熱血教師ぶりを披露しているのか期待が高まる。


続いて、【鈴宮陽衣(すずみや・ひい)】を演じるのは、『ニセコイ』(桐崎千棘役)、『7SEEDS』(岩清水ナツ役)など常に第一線で活躍している東山奈央。ことごとく不運だが“単なるドジ”と勘違いしている【鈴宮陽衣】については、「アフレコ台本にも影響を及ぼしていて、最初の日はセリフが全部「銀宮」になっていました。惜しい!」とアニメを飛び出し現実世界でまで不運を引き寄せていることを明かしており、鈴宮の登場回にも注目が集まる。




あわせて解禁となったティザービジュアルは、主人公の斉木楠雄が華麗なる“N”ポーズをきめているビジュアル。濃すぎるキャラクターたちが巻き起こす爆笑の学園生活のΨ始動に、全世界の注目を集めている。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』は、2019年冬に全世界独占配信スタート。


<神谷浩史/斉木楠雄役 コメント>

――「AnimeJapan2019」のステージで“Ψ始動決定”を発表した時、どんなお気持ちでしたか?
本誌の連載を含めてアニメの放送も終わってしまっているにも関わらず、イベントステージを楽しみにしてくださるお客さんが通路にまで溢れている中、新作発表を一緒に喜んでくれたのは本当に嬉しかったです。アフレコの辛さを忘れられた唯一の瞬間でした!

――Ψ始動編の見どころや、約半年ぶりに役を演じられての感想を教えてください。
特に変化はありませんが…監督が張り切ってしまっているようで、おそらく過去最高(僕らにしてみたら最悪)のセリフの早さです!特に5話!

――Ψ始動編での注目のキャラクターとその理由を教えてください。
ここに来て新キャラ登場なので、両キャラクターとも注目していただきたいです!

――過去シリーズはセリフの早さとそのスピードに合わせた絶妙な楠雄のツッコミ、キャラ同士の掛け合いが話題でしたが、Ψ始動編ではいかがでしょうか。
今までは楠雄が一番の被害者でしたが、第2期になり他のキャラクターたちも同じ目に合わされるようになったので、もはやアフレコで楽しそうにしているのは監督だけになりました。

――本作はNetflixで190カ国へ配信されますが、Ψ始動編を楽しみにしている海外のファン、日本のファンのみなさんにメッセージをお願いします。
斉木楠雄がΨ始動します!これで麻生先生がジャンプ本誌で連載していたエピソードの殆どを網羅できたことになります!ここまで映像化してもらえるなんて…かつてこんなに幸せな作品があっただろうかと、有難い気持ちでいっぱいです!アフレコは大変ですが、今回もΨ高に頑張ります!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)