鬼頭明里、初体験の現場でビクビク「絶対に怒られるって…」

アニメ・声優 公開日:2019/10/09 13
この記事を
クリップ

鬼滅の刃』の竈門禰豆子役、『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』の月坂紗由役など、多くの話題作に出演してきた若手声優、鬼頭明里。今までさまざまな作品でキャラクターソングを歌ってきた彼女が、いよいよ10月にアーティストデビューを果たす。

そんな鬼頭明里が、アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」に登場。ドワンゴジェイピーnewsでは、インタビュー未公開カットとともに、記事の一部をお届けする。今回は第2回。




──お世話になった祖母に、少しでも早く恩返しができるようになりたい。そんな気持ちから声優を本格的に目指し始めた鬼頭明里。高校を卒業すると、実家から東京の声優養成所に通い始めた。

「養成所は週に一回だったので、名古屋と東京の往復ができると思っていたんです。ところが、通い始めてそんなに時間が経たないうちに、オーディションの話をもらえるようになってきて、東京に行かなきゃいけない回数が増えたんですね。新幹線代を考えるとこれはもう東京に住んだほうがいいと思って、単身上京を決めました」

──養成所に通い始めたのは2013年10月。翌年の夏に放送されたTVアニメで、早くも名前のある役をもらう。声優になるための勉強を始めて1年も経たないうちの快挙だ。

「TVアニメでのデビュー作になったのが、2014年7月スタートの『六畳間の侵略者!?』でした。オーディションで受けた役には落ちてしまったんですけど、その後、藍華真希役でお願いしますという連絡をいただいたんです。メインキャラの一人(虹野ゆりか)のライバル的な役どころで、セリフもそれなりに多かったですし、なによりも現場でどんなふうに行動したらいいのか全然分からなくて、毎回テンパってました」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)