“超読書家声優”斉藤壮馬が選ぶ「濃い本しかない」フェアが開催

アニメ・声優 公開日:2019/09/26 9
この記事を
クリップ

河出書房新社が自社の文庫レーベル「河出文庫」秋のフェアとして「河出文庫ベスト・オブ・ベスト」を開催する。全国開催希望書店で2019年10月末ごろから順次開始される。例年、売れ筋を揃えて店頭で紹介してきたが、今年2019年は、大人気声優・斉藤壮馬の全面協力を得て行われる。

「ヒプノシスマイク」「アイドリッシュセブン」「刀剣乱舞」など大人気作品で活躍している声優・斉藤壮馬。実は、読書エッセイや書評を連載、出版するほどの読書家。河出文庫もベストセラーのみならず、ロングセラーや隠れた名作、新作まで、幅広く読んでいるという。その見識をもとに斉藤壮馬が本当に愛読している「斉藤壮馬的河出文庫ベスト5」を選び、それを核にフェアを行うこととなった。題して 「\濃い本しかないっ!/河出文庫ベスト・オブ・ベスト」 。
斉藤壮馬の選書が、本に深く親しんでいる人だからこそ選ぶ、「濃い」作品ばかりだったため生まれたテーマ。フェアを構成する他の本も河出文庫ファンが納得の「とにかく濃い」「他に類を見ない」世界に連れて行ってくれる本が揃った。




フェアでは、斉藤セレクトの「斉藤壮馬的河出文庫ベスト5」を紹介するとともに、その5点は斉藤壮馬をモデルに作品をイメージした写真を撮りおろし。五種類の特装カバーを作成。購入者はそれぞれの作品の書評を読める特典も。もちろん書評は斉藤壮馬書き下ろしだ。

また、フェア対象商品を3冊購入すると必ず非売品ポストカードセットがもらえる、全員プレゼント企画も実施。ポストカードはカバー写真を使用、該当作の書評入り。
応募方法やプレゼント詳細は、10月下旬、「河出文庫ベスト・オブ・ベスト」特設ページにて追加情報が掲載される。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ