芹澤優 『魔入りました!入間くん』ED曲担当に意気込み、原作者が作詞

アニメ・声優 公開日:2019/09/02 2
この記事を
クリップ

声優とアイドルのハイブリットユニット、i☆Risのメンバー芹澤優が、10月5日(土)よりEテレで放送されるアニメ『魔入りました!入間くん』EDテーマを担当することが決定した。

アニメ『魔入りました!入間くん』は、『週刊少年チャンピオン」 (秋田書店/西 修 著)にて、2017年3月より連載中のコミックスで累計発行部数120万部を突破する人気作品。




本作は、ひょんなことから魔界の大悪魔・サリバンの孫になったお人好しの少年・鈴木入間(CV:村瀬歩)が、数々の魅力的な悪魔たちと織り成す、楽しく愉快な魔界スクールライフコメディで、週刊少年チャンピオン50周年を迎えるタイミングで待望のアニメ化が決定、今秋10月より放送開始となる。

芹澤優は、声優としても数々の主演を務め、本年の第13回声優アワードで助演女優賞を受賞すると共に、2017年からソロデビューも果たしており、これまでに2枚のミニアルバムと1枚のシングルをリリース、そして9月から、自身初となる全国ツアーも決定しており、声優にアイドルに全力で活動中。

そんな彼女が担当するEDテーマ『デビきゅー』は、作詞をos.nishi、改め『魔入りました!入間くん』の原作者である西 修が手掛け、アニメの世界観とアイドル芹澤優の魅力が詰まった楽曲となっている。

今回のEDテーマ担当を受け、芹澤は「『魔入りました!入間くん』という作品は、出てくるキャラクターみんな、個性がすごい!!色が濃い!!そんなキャラクターたちに負けないような、印象に残るステキなエンディングにしたいと思います。よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

なお、アニメ「魔入りました!入間くん」は、Eテレにて10月5日(土)午後5:35~放送開始。頼まれると断れない、お人好しの鈴木入間が魔界の悪魔学校でどのように乗り越えていくのか?刺激的な学園生活と、今回解禁となったEDテーマがどのようにアニメを彩るのか、注目だ。


■アニメ『魔入りました!入間くん』
NHK Eテレにて10月5日より
毎週土曜午後5:35~6:00(全23話)

©西修(秋田書店)/NHK・NEP

この記事の画像一覧 (全 2件)