Aqours 3年連続のアニサマで初トリ、全4曲熱唱「9人で立つ意味を噛み締めている」

アニメ・声優 公開日:2019/08/31 20
この記事を
クリップ

スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!! 』に登場するスクールアイドル・Aqoursが31日、さいたまスーパーアリーナで行われた『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』の2日目公演に登場した。


Aqoursは高海千歌役の伊波杏樹、桜内梨子役の逢田梨香子、松浦果南役の諏訪ななか、黒澤ダイヤ役の小宮有紗、渡辺曜役の斉藤朱夏、津島善子役の小林愛香、国木田花丸役の高槻かなこ、小原鞠莉役の鈴木愛奈、黒澤ルビィ役の降幡愛の9人からなるグループ。アニサマには3年連続3回目の出演で、今回初のトリを務めた。


この日は、今年1月に公開された映画『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』の挿入歌『僕らの走ってきた道は…』からスタートし、アニメのオープニング曲『青空Jumping Heart』、第11話の挿入歌『想いよひとつになれ』、そしてアニメ2期のエンディング曲『勇気はどこに?君の胸に!』の全4曲を披露。会場のスクリーンにはアニメが流れ、9人は映像にシンクロするようにパフォーマンスを行った。




高海千歌役の伊波は、それぞれのメンバーカラーで染まったさいたまスーパーアリーナを見渡して「すごい景色です、ありがとう」と笑顔。「大きな会場で素敵なステージに立たせてもらうこと、本当にありがとうございます。Aqoursを4年やってきて来年で5周年イヤー。アニサマに9人揃って立つ意味を噛み締めている」と感謝していた。


2005年からスタートした『Animelo Summer Live』はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。今年で15回目と節目を迎え、例年以上にコラボステージを多く展開する。テーマに「STORY」を掲げ、さいたまスーパーアリーナにて8月30日から9月1日まで開催。3日間で約8万4000人を動員する。


©Animelo Summer Live 2019


▼アニサマ2019 その他の記事はこちら

<1日目>

・15周年のアニサマ開幕!けもフレ×i☆Ris×スフィアで『ようこそジャパリパークへ』

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40742-1908


・オーイシマサヨシ×けものフレンズがコラボ、金田朋子の乱入で“ドッタンバッタン大騒ぎ”

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40743-1908


・「プリコネR」特別ギルドでアニサマ初参戦、キャラ衣装で2曲パフォーマンス

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40748-1908 


・氷川きよし、アニサマにかけた思い「自分自身に勝って次のステージにいきたい」

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40777-1908 


・三森すずこ、アニサマで怒涛の4連続コラボ「みんなの愛のおかげ」渕上舞と初の歌唱も

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40752-1908 


・“アニソン界の大型新人”鈴木雅之、スフィアと異色コラボ 3万人と一緒に「めッ!」

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40755-1908 


<2日目>

・畠中祐 アニサマで「ガッシュベル!!」OP歌う、寺島拓篤はウルトラマンタイガと共演

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40770-1908 


・鈴木みのり アニサマで全力疾走、早着替えにも挑戦

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40771-1908 


・アイドルマスター SideM、8人でアニサマ前半トリ 大歓声に「315に嬉しい」

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40775-1908


・TRUE×北宇治カルテット、ファン垂涎の「響け!ユーフォニアム」コラボ

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40778-1908 


・水瀬いのり、3度目のアニサマで“三変化” 3万人とコール&レスポンス

https://news.dwango.jp/animeseiyu/40779-1908 


この記事の画像一覧 (全 5件)