秋元康プロデュース「22/7」、来年1月TVアニメ放送決定

アニメ・声優 公開日:2019/07/22 27
この記事を
クリップ

秋元康総合プロデュース、Sony MusicとANIPLEXがタッグを組み、日本を代表する有名クリエイターがてがけたキャラクターを演じる声優アイドルを募るオーディションで結成され、アーティスト活動、バーチャルキャラクターの進出と多岐にわたる展開を続けてきた「22/7」。
本日duo MUSIC EXCHANGEにて開催された「ナナニジフェス2019」内にて、2020年1月よりTVアニメが放送されることが発表され、あわせてアニメのティザービジュアルとティザーPVも公開された。


さらに同公演内で、8月21日にリリースされる 4th single『何もしてあげられない』のMusic Videoも初解禁され、その後、22/7公式YouTubeチャンネルにて公開された。
こちらのMVは、はじめて全11人のキャラクターが出演し、初の手書きアニメーション。乃木坂46やTHE SxPLAY - “For キミに贈る歌”のMV、さらに「約束のネバーランド」OP&EDや『ダーリン・イン・ザ・フランキス』OPのビジュアル&モーションデザインも手がけるmaxillaのukiがディレクターを務め、「けいおん!」「たまこまーけっと」の堀口悠紀子がアニメーションキャラクターデザインと作画監督を担当。そして、ONE OK ROCKのMVやNIKE・Netflix等のCMを数多く手がけるクリエイティブチームmaxillaとグラスが制作を手がけている。
MVとあわせて解禁されたCDジャケットも、三形態ともに堀口悠紀子による描き下ろしとなっている。

≪22/7(ナナブンノニジュウニ)とは≫
日本を代表する有名クリエイターがうみだしたキャラクターを演じる為に応募総数10,325人の全国オーディションで選ばれた少女たちで結成されたデジタル声優アイドルグループ。
秋元康氏総合プロデュースの元、デビューシングル『僕は存在していなかった』はオリコンウィークリーランキング10位、そして2ndシングル『シャンプーのにおいがした』は8位にランクイン。アニメ化も発表されており、その可能性に高い注目が集まっている。
テレビ番組『22/7 計算中』の放送開始、『Anime Expo 2018』の出演、『京まふ 2018』の応援サポーター就任など精力的に活動中。8月21日には約1年ぶりの4thシングル『何もしてあげられない』をリリース予定。

©ANIME 22/7





【リリース情報】
4thシングル『何もしてあげられない』
8月21日(水)発売

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ